ワックスなどメンズ整髪料のおすすめはどれ?種類ごとに解説&定番を紹介

男性のルックスは髪型に大きく左右される。男性にとっての「整髪料」は、女性にとっての「化粧品」と同じようなものだ。

外見に気を使う男性は、整髪料にもこだわる。

とはいえ、ワックスやジェルなどの整髪料は、「種類が膨大にありすぎて、どれを選べばいいかわからない」という人が多いのではないだろうか。

検索してネットに出てくる「おすすめワックス」などの記事は、SEO対策・商品の販売目的で、たくさんの製品をただ並べただけのものが多い。そういうのにうんざりした人も多いと思う。

この記事は、メンズ整髪料を紹介していくが、過去に一度は自分で使ったことのあるもので、「このタイプのワックスならこれ!」という定番のものだけを紹介する。

また、商品の説明よりも、「どういう用途で使うか」「どういう髪質の人に向いているか」を重点的に解説する。

ある程度スタイリングに詳しい人からすれば、「あーこれは定番だよね」というものしか紹介しないよ!

メンズ整髪料の種類と名称について

具体的な製品を紹介する前に、「スタイリング剤」について概説する。

メンズ整髪料には、ワックスだけじゃなくて、ジェル、グリース、ポマード、ムースなど、色んな名称がある。

いろいろ名前はあるけど、「どれもワックスのバリエーションのひとつ」だと思えばいい。

メンズ整髪料を使う意味は、「形を固定」「質感を表現」だ。

「形を固定」に関しては、「セット力」「キープ力」といった言葉で説明されることが多い。固定する力の強いものは「ハード系」のワックスとよく言われる。

「質感を表現」に関しては、「ツヤ感」「オイル感」「束感」「リキッド感」「マット感」などの言葉がよく使われる。整髪料の種類によって、表現できる質感が微妙に異なる。

ジェル、グリース、ポマードなどの整髪料は、「形を固定」と「質感を表現」が目的であることはワックスと同じだが、「リキッド感(濡れた感じのツヤや光沢)」を出しやすいのが特徴。

ワックスは、「クリームタイプ」のものが基本だが、繊維が入った「ファイバーワックス」や、「マット感(乾いてふわふわした感じ)」を出しやすいペースト状の「ドライワックス」などの種類があって、用途や髪質によって使い分ける。

これらの整髪料の違いについて、特に意識して覚える必要はない自分の髪質に合っているものを選べればそれでいい。

細かいことは覚えなくていい。以下では、それぞれの整髪料ごとに、どんな髪質の人に向いているかなどを解説していくので、自分に合いそうなものを探すといい

 

ハードタイプのワックス

「セット力」「キープ力」の高さを重視するワックスは、「ハードワックス」と呼ばれることが多い。

髪を動かしたり、持ち上げたりと、スタイリングをガッツリする人にとっては、「むしろハードタイプが基本」だったりする。

特に男性は、短髪のヘアスタイルの人も多く、短髪なら、バランスタイプやソフトタイプよりも、「ハードタイプ」が規準になるだろう。

なお、ワックスは基本的に状で、ここで紹介するのも「クリームタイプのハードワックス」だが、のちに紹介する「ファイバータイプ」や「ドライワックス」という種類のワックスもある。

ファイバー(繊維)やドライ(ペースト)は、クリーム状のハードタイプよりもさらに「セット力」や「キープ力」が高いので、「ハードタイプだからといってセット力が最大」というわけでもない。

アリミノピース フリーズキープワックス

created by Rinker
ピースプロデザインシリーズ
¥1,009 (2021/09/19 02:32:42時点 Amazon調べ-詳細)
ハードワックスの中でも定番。セット力・キープ力があるのに、クリームにほどよい柔らかさがある。特にキープ力が高く、ショートヘアならどんな男性にとっても使いやすいだろう。

 

リップス ハードブラスト

created by Rinker
LIPPS(リップス)
¥1,760 (2021/09/18 17:24:51時点 Amazon調べ-詳細)
「リップス」シリーズの中でも、セット力が最大かつ、ツヤ感とマット感のバランスがとれたもの。初心者でも使いやすいと思う。

 

ギャツビー ムービングラバー スパイキーエッジ

安価でどこにでも手に入り、安定した品質が魅力の「ギャツビー」。その中でも特に人気のクリーム状ハードワックス。

 

「クリームタイプのハードワックス」は、メンズワックスの中でも最もオーソドックスな立ち位置。短髪ツーブロック系の男性は、基本的にはこれか、のちに紹介する「ファイバーワックス」を使ってみるといい

 

バランスタイプのワックス

ワックスには、「形を固定」と「質感を表現」のふたつの目的があるが、バランスを重視するタイプのワックス。

良く言えば万能だが、悪く言えば器用貧乏で、「形を作りたい」という目的が明確なら、ハードワックスやジェルのほうが好まれることが多い。

ただ、ワックスは「混ぜて使う」「併用して使う」ことが当たり前で、バランスタイプのワックスを持っておくと、スタイリングの幅が広がる。

もちろん、それなりの長さの髪の男性の人は、普通に使っても十分な効果を発揮する。

アリミノピース ソフトワックス

created by Rinker
ピースプロデザインシリーズ
¥1,209 (2021/09/18 17:24:51時点 Amazon調べ-詳細)
バランス重視で作られている定番は、「アリミノの茶色」。(名前がソフトワックスなのでややこしいが。)セット力もそれなりにあり、髪質もいい感じに整えられる。

 

ソフトタイプのワックス

「グロスワックス」、「ニュアンスワックス」と呼ばれることもある。

セット力、キープ力が弱めで、セットの下地として使ったり、質感を表現することを重視したワックス。

あまりベタつかず、いい感じのツヤや陰影を作り出してくれて、自然にフォルムを整えたり、なんとなくボリューム感を出したりできる。他のワックスと混ぜて使うことも多い。

ツヤ出しに関して言えば、「ヘアオイル」や「流さないトリートメント」を使う人が多く、その意味では影が薄いかもしれない。

「ワックスを付けてる感がない」髪型を目指すなら、ソフトタイプもアリ。

オーシャントリコ エアー

created by Rinker
OCEAN TRICO(オーシャントリコ)
¥1,650 (2021/09/19 02:32:43時点 Amazon調べ-詳細)
「オーシャントリコ」シリーズの中でも、最も軽い使い心地の「エアー」。オーシャントリコは、他のオーシャントリコシリーズと混ぜて使いやすく、試してみるならこれがおすすめ。

 

ファイバーワックス

ワックスには、繊維(ファイバー)が混ぜられた「ファイバーワックス」がある。

ファイバーワックスの特徴は、「伸びやすいのに、固まると硬い」こと。

水分と油分が多くて「ツヤ感」がある一方で、ファイバーが入っているので「セット力」が非常に高い。

髪質が太くて硬い人や、クセ毛の人、パーマをかけている人でも使いやすい。「束感」を演出したいときにも有用。

「操作性の高さ、ツヤの出しやすさ、セット力の高さ」と、「いいとこ取り」と言っていいくらい、性能が高いし、人気も高い。

上で紹介した「ハードワックス」では固さが物足りないという人は、ファイバータイプのものを試してみるといいだろう。

ナカノ タント 4番

ファイバータイプと言えば「ナカノ」。愛用者がものすごい多いシリーズ。このシリーズは、ハードさに応じて1から7までの数字がある。「4」で中間なのだけど、それでもかなり強め。

 

オーシャントリコ シャインオーバー

created by Rinker
OCEAN TRICO(オーシャントリコ)
¥1,650 (2021/09/18 10:08:18時点 Amazon調べ-詳細)
オーシャントリコのファイバータイプのワックス。操作性、ツヤ感、セット力のすべてを兼ね揃え、トップクラスの人気。

 

ある種のクセの強さはあるし、全員におすすめできるというわけでもないけど、愛用者が多いのがファイバー系。まだ使ったことがないなら、いちど試してみて損はない

 

ドライワックス

「マットワックス」「クレイワックス」とも言われる。

油分や水分が少なく、ペースト状、粉っぽい感じで、セット力が高い。

このタイプの製品を説明するときに、よく「マット感」という言葉が使われる。「マット感」は、女性の化粧品などでも使われる言葉だが、「ふわふわと乾いている感じ(ウェットの対義語)」みたいな意味。

「ドライワックス(マットワックス)」は、軟毛、細くて柔らかい髪のタイプの人に向いている。

細くて柔らかい髪質の人は、ツヤ感やウェット感があまり似合わないので、あえてツヤを出さないドライワックスのほうがセットしやすく、ボリューム感を演出しやすい。

ドライワックスは、クリームタイプやファイバータイプと違って、伸びが悪く、粉っぽい。そのため、硬めの髪質の人だと引っかかったりして使いにくい。

軟毛、薄毛タイプの人以外でも、「あえてツヤを出したくない」などの用途で使われることもある。

ウェーボ ドライワックス

created by Rinker
ウェーボ デザインキューブ
¥1,174 (2021/09/18 10:08:17時点 Amazon調べ-詳細)
愛用者の多いマット系。ドライワックスの中では、それほど硬さがなく使いやすい。

 

デューサー ドライペーストワックス

強めのドライワックスはほとんどペースト状になる。強いセット力とマットな質感。

 

オーシャントリコ クレイ

オーシャントリコのドライワックス。同シリーズの他のものと混ぜるとマイルドになる。調整することを見越して買うならこれが良い。

 

軟毛で通常のワックスが使いにくいと感じている人は、ドライワックスを試してみるといい

 

ジェル

男性の整髪料には、「ジェル」という種類のものがある。ジェルも、「形を固定」と「質感を表現」が目的という点では、ワックスと同じ。

ジェル、グリース、ポマードは、「ウェット系」の整髪料と言われることが多い。上で紹介した「マット系」が乾いた感じだとすると、「ウェット系」は濡れた感じ。

パサつきをカバーでき、大人っぽい感じが出せるので、年齢が上がるほど「ウェット系」を使う人が多くなる。

髪に馴染みやすく、ウェットなツヤと光沢を出しやすい。セット力が非常に高い上に、ワックスよりもシャンプーで落としやすい。一方で、分量を間違えると、粉をふいて白くなってしまったり、パリパリになってしまう。

用途はワックスと同じだけど、ワックスとはまた違った感覚なので、気になるなら試してみて損はない。黒髪の社会人男性のスタイリングなら、ジェルを使ったほうがやりやすい場合も多い。

ロレッタ ハードゼリー

created by Rinker
ロレッタ(Loretta)
¥1,909 (2021/09/18 10:14:41時点 Amazon調べ-詳細)
「メンズのヘアジェルと言えばこれ!」というような最強の製品。めちゃくちゃ安いのに質が高い。ジェルを試したい人はとりあえずこれを買ってみるといい。

 

エヌドット N.オム ジェルグリース

ロレッタに比べるとどうしてもコスパが気になってしまうが、おすすめできる製品。「ジェルとグリース」の中間で、ジェルほどクセが強くないが、ツヤ感とセット力がしっかりしている。

 

スキンケアにおける「ジェル」のイメージは、「クリームよりも保湿力が控えめだけどベタつかない」という感じだが、ヘアスタイリングにおける「ヘアジェル」は、「強烈に固まってパリッパリ!」みたいな感じ

 

グリース

ウェット感があり、ツヤを出しやすい整髪料。特徴はジェルに近い。「威力控えめなジェル」みたいな感じ。

ジェルほど極端にパリパリになったりせず、ワックスに近いベタベタ感もあって、ジェルとワックスの中間のような使い心地。

汎用性が高く、様々なスタイリングに応用できる。

ワックスと併用して、ツヤ感などの目的で使うなら、グリースのほうがやりやすいかもしれない。特に黒髪社会人の男性なら、一本持っておいて損はない。

クールグリース

created by Rinker
阪本高生堂
¥1,450 (2021/09/19 02:32:46時点 Amazon調べ-詳細)
愛用者の多いグリース。安くて使い心地が良く、ワックスと併用したりなど、万能な製品。

 

クックグリース

クールグリースと同様に定番。見た目のインパクトが強く、匂いのクセもやや強め。

 

ナカノ モデニカ グリース

created by Rinker
ナカノ
¥1,255 (2021/09/19 02:32:47時点 Amazon調べ-詳細)
ファイバーが配合されたナカノのグリースで、個人的にかなりおすすめ。ウェット感とキープ力があり、ワックスと混ぜてもいい感じになりやすい。これ一つ持っているだけでスタイリングが楽しくなる。グリースを使ったことのない人はぜひ試してみてほしい。

 

ワックスでベースを整えて、追加でグリースを使うのは、よくあるスタイリングのやり方。簡単にウェット感を出せるので使いやすい

 

ポマード

「ポマード」は、「グリース」と似たようなもの。

ポマードのほうが歴史が古く、クラシカルな雰囲気を重視した製品は、「ポマード」という名前にしていることが多い。

水溶性のものを「グリース」、油性のものを「ポマード」と分類することもあるようだ。ただ、現在「ポマード」として世に出されているものは、水溶性のものが多く、油性のものはシャンプーで落としにくいので、あまり使うメリットがない。つまり、実質的に「ポマード」と「グリース」は同じ意味

バブロポマード ストロングホールド

created by Rinker
バブロ ポマード(BABLO POMADE)
¥2,680 (2021/09/19 02:32:48時点 Amazon調べ-詳細)
ウェット感のあるテクスチャーを出しやすく、中年男性に人気のスタイリング剤。使い勝手はグリースと似ているが、ベタつく感じが控えめ。

 

ムース

「フォームワックス」と呼ばれることもある、泡状の整髪料。

単体で使うというよりは、質感、クセ、動きのまとまりを付けるための「下地として使う」イメージ。

泡状なので、髪に馴染みやすい。加齢によって髪が細くなってくると、ムースによってヘアセットの下地を作ったほうが、うまく行く場合が多い。

スパイスフォーム ワックス

created by Rinker
SPICE(スパイス)
¥1,073 (2021/09/19 02:32:49時点 Amazon調べ-詳細)
根強い人気のあるムースタイプのワックス。泡状なので髪に馴染ませるときすごく楽。

 

スプレー

「形を固定」する効果を補正してくれるスタイリングアイテムが「ヘアスプレー」。

髪をセットしたあとに使い、コーティング成分を吹きかけて、「キープ力」を上げる。

「盛る」タイプの髪型とか、「束感」の強い髪型をする人はよく使う。

「スプレーをかけただけで?」と思うかもしれないが、形を維持する効果はかなり高い。ホストやキャバ嬢はもちろん、オシャレな大学生や美容師は愛用している人もいる。

オーシャントリコ ユニバーサルハードスプレー

比較的安価かつ、ミストが細かい。美容師からの評価も高いエアスプレー。

 

ヘアオイル

「ヘアリキッド」「流さないヘアトリートメント」とも言われる。

「形を固定」ではなく、「質感」や「髪のケア」のために使う。

シャンプーのあとや、ヘアセットの前に、髪に馴染ませるようにして使う。髪のケアにもなるし、ツヤ感やテクスチャーを出すベースとして使えて、汎用性が高い。

ソフトワックスやグリースなどでツヤ感を出そうとするよりも、ヘアオイルをうまく使ったほうが、自然かつ髪に優しいツヤ感が出せるかもしれない。

ただ、ヘアオイルは、どれも価格が高いのがネック。

リップス ベーススタイリング ヘアオイル

ヘアオイルの中では価格が安め。スタイリングのためのヘアオイルで、使いやすく、いい感じにしっとりする。ヘアオイルを試してみたい人は最初はこれがいいかも。

 

1日シャンプーしなかった髪が、油分でむしろイイ感じになることがあるが、ヘアオイルはそれを再現する効果がある

 

ヘアスタイリングは日々の試行錯誤

以上、いろいろと紹介してきた。気になるものがあれば試してほしい。

なお、整髪料は、混ぜて使ったり、併用したりすることが当たり前に行われる。

「匂いなどが混ざって変な感じになるのでは?」と思うかもしれないが、意外とそうでもない。

まったく違うメーカーから出ているものを併用するというのも、普通によくある。

不安ならば、「オーシャントリコ」や「リップス」など、同じメーカーから出ているもの同士を混ぜて調整すれば、そんなに変なことにはならないだろう。

無理に混ぜて使う必要はないけど、「この製品、基本的には良いんだけど、何か物足りないなあ……」みたいな場合は、他のスタイリング剤を足すと良くなることが多い

 

どういう配合が自分にとっていいのかは、YouTubeのスタイリング動画を参考にしたり、自分で試して見つけ出していこう。

スタイリングの参考動画については、下のページでまとめているので、よければ参考にしていってほしい。

整髪料の仕組みと、メンズヘアスタイリングのやり方【参考動画】

 

「整髪料」は、嗜好品としての性質もあり、こだわるほど楽しくなる。

毎日のスタイリングは、面倒くさいと感じることも多いだろうけど、楽しみながら試行錯誤することが、上達するためのコツ。

男性は、「昔からのものをずっと使い続ける」タイプの人が多いだろうけど、最近だと「オーシャントリコ」シリーズとか、安くて優れたスタイリング剤が出てきているので、たまには新しいものに手を出してみるのも良いと思う。

特に、「ファイバーワックス」は、クリームタイプよりも強力で、いつものスタイリングがより簡単になる場合があるので、けっこうおすすめ。

軟毛や薄毛に悩んでいるという人は、「ドライワックス」を使うと、自分の髪に合っていると感じるかもしれない。

自分の髪質やイメージに合った整髪料を見つけられると、日々のヘアスタイリングに新しい刺激と楽しみが加わる。

 

 

以上、「メンズ整髪料のおすすめ」について解説してきた。

当サイトでは「ヘアカット」や「ヘアケア」の解説動画も出しているので、よければこちらも見ていってほしい。

カッコいい髪型にするには?メンズヘアカットを解説【美容師の探し方、頼み方】男性にヘアケアって必要?リンス、コンディショナー、トリートメントの違いを解説

 

また、髪型に限らず、当サイトでは、スキンケアやヒゲや眉毛など「メンズ美容」について幅広く解説記事を出している。興味があれば以下のページも参考にしていってほしい。

メンズ美容おすすめの方法画像メンズ美容おすすめの方法まとめ!男の見た目改善テクニックを網羅的に解説メンズ美容おすすめアイテムメンズ美容アイテムのおすすめをランキング形式で紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。