湯シャンはあり?頭皮ケアのための正しいシャンプーの使い方を解説

髪の毛が外見に与える影響は大きいので、「なるべく維持したい」と考える人が多数派だろう。

特に男性は、薄毛になったり、白髪になったりするのが、女性より早い傾向にある。

髪を大事にする上で必要なことは、髪が生える土壌である「頭皮(スカルプ)」をケアすることだ。

今回は、頭皮ケアのための正しいシャンプーの使い方について解説する。

「どういう理屈か?」を重視して、なるべくわかりやすく書くように努力しているので、頭皮ケアに興味のある人はぜひ読んでいってほしい

気になっている人の多い「湯シャン」についても書くよ!

そもそもシャンプーの意味は?どういう成分が入っているの?

シャンプーの主成分は「界面活性剤」だ。これは、石鹸や洗剤でも同じ。

「界面活性剤」は、簡単に言うと、水と油を結びつける作用を持つもの。

水と油は、通常なら混ざり合わないのだけど、界面活性剤を使うと混ざる。

水で洗っても落ちない汚れは、基本的に「油分」が混じっている。人間の表皮も肌を守るために油分を分泌する。肌の表面の汚れは、油分とくっついた状態なので、水洗いだけでは落ちにくい。

石鹸やシャンプーは、界面活性剤の作用によって、油分に付着した汚れを落とし、肌を清潔に保つ。

これは人類史上の画期的な発明で、例えば後発開発途上国(貧困国)では、まずは「石鹸で手を洗う習慣」を根付かせることが重要だと言う。それだけでも感染症になる者が大きく減るらしい。

界面活性剤(石鹸・シャンプー)によって油分を洗い流し、皮膚を清潔に保つことは、文明社会における基本なのだ!

しかし、頭皮ケアにおいて重要なのは、「肌を清潔にしておくことは肌にとって良いことだが、だからといってシャンプーが肌に良いわけではない」ということ。

この話が、「湯シャンが良いという主張」や「シャンプーが髪に悪い説」に繋がってくる。

 

「湯シャン」が良いって本当?シャンプーは髪に悪い説について解説

「湯シャン」とは、シャンプーを使わずにお湯だけで髪を洗うことを言う。

最初に言っておきたいが、これを読んでいる人に対して、「湯シャン」を推奨したいわけではない。

ただ、「湯シャンのほうがいい」と主張する人たちの「理屈」の部分は、シャンプーの使い方と頭皮ケアにおいてけっこう大事なので、それを解説したい。

個人的には、「湯シャンだけでいい」というのは極端だと思いますが、まったく理屈がないわけではないのです

 

シャンプーは、界面活性剤によって油ごと汚れを洗い流すのが目的だが、人間の肌から分泌される油は、皮膚を保護するためのものでもある。その油を頻繁に洗い流してしまうのは、むしろ肌や頭皮にとってマイナスの影響を与える……というのが湯シャン派の主張だ。

これは、別に間違ってない。

確かに、分泌された油分を洗い流してしまうのは、頭皮にとって良いことではない。

一方で、不潔なままにしておくことも頭皮にとっては良くない。皮脂が溜まったままの状態でいるのも、頭皮にとってマイナスだ。

「シャンプーで油分を洗い流すのは頭皮に良くないけど、洗わずに不潔な状態でいるよりマシなので、1日1回シャンプーをする」というのが、世間一般の常識的な考え方。

それに対して、「1日1回のシャンプーは多すぎる」というのが、湯シャン派の基本的な主張(だと思う)。

湯シャンを推奨する人にも、「シャンプーは1週間に3回くらいでいい」みたいな穏健派から、「シャンプーはダメ!どうしても洗いたいときは石鹸!」みたいな過激派まで、幅がある。

実際のところどうなのかというと、個人の体質による。

「湯シャン」だけのほうが調子がいい、という人は実際にいるし、その人が嘘をついているわけではないだろう。

もともと頭皮が乾燥しやすいタイプ、油分があまり分泌されないタイプの人は、1日1回のシャンプーだと、たしかに多すぎるかもしれない。

逆に、1日髪を洗わないだけでベタベタになるような体質の人は、1日1回ちゃんとシャンプーしたほうがいい。あるいは、毛穴まで洗える洗浄力の高いシャンプーで洗ったほうがいい場合もある。

これについては、個人差があるものなので、万人に当てはまる正解はない。

男性の場合、ワックスなどのスタイリング剤を使うなら、シャンプーで洗い流さないという選択肢はなくなるけどね

 

「洗いすぎ」はありがちなミス!シャンプーの成分は肌に浸透しない!

1日1回が多すぎるのかは個人差があるが、1日2回以上シャンプーを使うとなると、さすがに洗いすぎで、頭皮にも髪にも良くないだろう。

男性で多いのが、朝シャンをしてから、ワックスなどで髪をセットし、夜にそれを洗い流すタイプ。このとき、朝と夜に2回シャンプーをするのは「やりすぎ」なので、朝はお湯で洗うのみにしたほうがいいだろう。

あと、ありがちなミスは、「単純にシャンプーすることが髪と頭皮に良いと思っていて、頻繁に洗う」という場合これは普通に騙されているので、やめよう!

シャンプーの広告宣伝は、「保湿」とか「潤い成分」という言葉が使われることが多い。これは基本的に、消費者を騙して、間違ったイメージを植え付けようとするものだ。

シャンプーには、頭皮に浸透するような成分が含まれていない。そもそも日本では、肌に浸透して作用するような成分を、市販品として売ってはいけない。(これについて、「男の美容で最低限やるべきことは「肌の保湿」である」で、似たようなことを解説しているので、気になる人は下の記事も見てほしい。)

男の美容で最低限やるべきことは「肌の保湿」である【超簡単スキンケア】

 

「頭皮のケア」にしても「スキンケア」にしても、やるべきことは「保湿」だ。

たしかに、シャンプーには保湿成分が含まれている。

しかし、そもそも「洗い流すこと」と「保湿すること」は、原理的に正反対のものであり、シャンプーを使うのは「清潔にする」ためであって、「保湿する」ためではない。

シャンプーに配合されている保湿成分の意味は、「油分を洗い流すのは頭皮や髪にとって良くないので、埋め合わせのために保湿成分を配合しておくよ」みたいな感じ。結局のところ油分を洗い流しているわけで、差し引きで言えば、「保湿にとっては明確マイナス」だ。

あくまでシャンプーの目的は「保湿」ではなく「洗浄」であり、どれだけ保湿に配慮したシャンプーであっても、それはあくまで「マイナスぶんを埋め合わせようとする」のためのもの。

理屈を理解してないと、「保湿のために頻繁にシャンプーをする」という逆効果にしかならないことをしてしまう。まあこれについては広告が悪いと思うけど

 

どんなに良いシャンプーを使っても、洗いすぎは、頭皮にとって良くない。

シャンプーについては、成分解析サイトなどもたくさんあり、普段から使い続けるものなだけにこだわっている人は多いようだ。

しかし、結局のところシャンプーができることは「汚れの洗浄」と「匂いを付ける」くらいで、それ以上のことは基本的にはない。

「良いシャンプー」は、「しっかり洗えるけど髪や頭皮のダメージが比較的少ない」というもので、何らかの成分が浸透するみたいなプラスの作用はない。

男性にとって、頭皮の保湿は重要だが、シャンプーの保湿成分にこだわるよりも、シャンプーしてから頭皮保湿用のローションを使うほうが、ずっと楽だしコスパが良い。

created by Rinker
キュレル
¥1,430 (2021/06/21 08:09:55時点 Amazon調べ-詳細)

シャンプーの目的は、「汚れを落として清潔にすること」であり、それ以上の効果を期待するのはミスマッチだ。

逆に、「清潔にすること」は重要なので、その部分はシャンプーを使ってしっかりやったほうがいい。

湯シャンとかにこだわるよりも、シャンプーでしっかり綺麗にしてから、頭皮はローションやスカルプ系コンディショナーで保湿、というのが、面倒ではあるけど王道だと思います

 

ちょうど良いシャンプーの頻度をどうやって判定するか?

今までの話をまとめると

POINT

  • シャンプーの目的は「洗浄」
  • 「洗いすぎ」と「洗わなさすぎ」、どちらも良くない
  • シャンプーを使う最適な頻度には個人差がある

になる。

基本的には、「1日1回のシャンプー」が、もっとも無難。

だが、体質的に、「湯シャンのみ」や「週に2、3回程度のシャンプー」のほうが、髪の調子が良くなるという人もいる。

これについては、自分の髪と相談して、調子を見ながら、シャンプーの回数を増やしたり減らしたりしてみるといい。

なお、男性用のシャンプーは、油を洗い流す洗浄力の高いタイプのものが多い。そういうときは、シャンプーの頻度を落とす前に、洗浄力が低めの女性用シャンプーや、アミノ酸系シャンプーに変えてみるといい。

おすすめのメンズシャンプーについては別に書いているので、よければ参考にしていってほしい。

メンズシャンプーのおすすめを6つに絞って紹介&解説

 

また、「フケ」は、頭皮の状態を判定する指標になり得る。

油分が過剰だから出るフケはべっとりしていて、頭皮の乾燥によるフケはパサパサしている。

  • 乾燥したフケが出る人は「洗いすぎ」を疑う
  • 湿ったフケが出る人は「洗わなさすぎ」を疑う

というのが、ひとつの判定基準になる。(ただ、体質によってどうしてもフケが出てしまう人もいるので、フケについてはあまり過敏にならないようにしよう)

「髪の調子とか言われてもよくわからん!」という人は、無難に「1日1回のシャンプー」でOK。無理して回数を減らしたりする必要はない

 

シャンプーを使うときは、頭皮を傷つけるほど強く洗わないように注意する必要がある。「正しい洗い方」については、次で説明する。

 

正しいシャンプーのやり方

シャンプーするときに最も注意すべきことは、「頭皮に爪を立てない」こと。

当たり前だけど、爪でひっかくようにゴシゴシ洗って、頭皮に良いわけがない。

「指の腹」か、「関節を曲げた指の外側」を使って、シャンプーを泡立てて洗う。

メンズシャンプーの頭の洗い方に関しては、美容師が解説しているユーチューブ動画があるので、それを見えるといい。

この動画は、わかりやすくて素晴らしい内容だが、「毎日ここまで丁寧にやるか?」という問題もある。

もちろん、可能ならば、紹介した動画のように5〜10分くらいの時間をかけて、丁寧にシャンプーをするのが望ましい。

ただ、本職のプロが丁寧な解説をするのは当たり前だが、一般人はそこまでシャンプーに労力を割く必要はないと思う。

そんなに真面目に考えず、ようは「油や汚れを洗い流しているだけ」なので、「ちゃんと全体を洗って、頭皮を強く擦りすぎない」くらいを意識すれば、ささっと済ませてしまっても問題ないだろう。

シャンプーに関して言えば、頭皮用の洗浄ブラシを使うと、髪を洗うのがかなり楽になる。

created by Rinker
サクセス
¥583 (2021/06/22 02:11:43時点 Amazon調べ-詳細)

指よりも柔らかい突起がついたブラシ。

薬局やスーパーとかにも売っているバス用品だが、頭皮を傷つける心配がなく、あまり丁寧にやる気がしないときは、手早くゴシゴシ洗ってしまえるのがよい。面倒なときでも、シャンプーをするのが楽になる。

安いやつは600円程度で変えるし、下手に高価シャンプーを買うより、こういうものに投資したほうがコスパが良いと個人的には思う。

「毎日やることはなるべく楽に」というのが自分の考え方です。美容は継続が必要ですが、無理のある美容は長期的なものにならないので

 

以上、「頭皮ケアのための正しいシャンプーの使い方を解説」を解説してきた。

ちなみに、コンディショナーについては解説していないが、コンディショナーはそもそも髪につけるもので、「頭皮ケア」とはあまり関係ない。

男性にとって優先度が高いのは、「髪の毛のケア」よりも「頭皮のケア」だ。

男性の「ヘアケア(スカルプケア)」について、別に詳しく書いている。この記事の内容が参考になったのであれば、以下の記事も参考になると思う。

男性にヘアケアって必要?リンス、コンディショナー、トリートメントについて解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です