男性にヘアケアって必要?リンス、コンディショナー、トリートメントの違いを解説

汚れを落とすための「シャンプー」とは別に、リンス、コンディショナー、トリートメントなど、「髪を整える」ための「ヘアケア用品」がある。

ただ、「男性に髪のケアって必要?」「リンス、コンディショナー、トリートメントって何が違うの?」みたいな疑問を持っている人が男性には多いと思う。

すでに、「頭皮ケアのための正しいシャンプーの頻度とやり方を解説」という記事を書いたのだが、今回は、シャンプー以外の「ヘアケア」全般について解説していく。

リンス、コンディショナー、トリートメントの役割の違いは?

ヘアケア用品には、リンス、コンディショナー、トリートメントなどがあるが、これらの言葉の使い分けは、それほど重要ではない。

どの用品も、「髪の毛を補修・保護するもの」と考えればいい。

用語の意味としては

  • トリートメント……髪の毛の「内側」を補修するもの
  • リンス、コンディショナー……髪の毛の「外側(表面)」を保護するもの

となる。

昔は、「内側」を補修する「トリートメント」を先にやって、その後で、「外側」を保護する「リンス」「コンディショナー」を付けていた。

だが、今はこの使い分けや手順を気にする必要はない。

現在、市販で販売されているリンス、コンディショナー、トリートメントのほとんどは、「内側の補修」と「外側の保護」の両方の機能を兼ね揃えているので、いちいち使い分ける必要も、順番に2回使う必要もない。

ヘアケア用品は進化しているので、今は、リンス、コンディショナー、トリートメントのどれであれ、シャンプーのあとに1回使えば大丈夫

 

髪の毛の「補修・保護」とはどういうことか?

そもそも、髪の毛の「補修」や「保護」ってどういう意味なの?という理屈の部分を解説する。

髪の毛などの「毛」は「死滅細胞」と言って、すでに死んでいる細胞なので、自己修復機能を持たない。その意味では「肌」とはまったく違う。

もし髪の毛が生きた細胞なら、ヘアカットするたびに激痛が走るだろう。

髪の毛は、普通に生活していてもそうだし、ブリーチやパーマ剤などを使うと特に、表面に傷がついたり穴が空くようにして傷んでくる。これを「キューティクルの損傷」と言ったりする。

「傷んだ髪の毛」は、表面や内部が傷ついている状態。そのような髪の毛の傷に対して、タンパク質で内側を埋めるのが「補修」。

さらに、髪の毛の傷が付きにくいように表面をコーティングするのが「保護」。

上で説明したように、現在のリンス、コンディショナー、トリートメントと言われる製品は、どれも「補修」と「保護」の両方ができるように作られている。

しかし、市販の製品の場合、「トリートメント」と銘打ったものであれ、そこまで髪を「補修」してくれるような性能はない。

本格的なトリートメントをしたいなら、美容室でやるしかない。美容室で行うトリートメントは、「サロントリートメント」といって、お金はかかるけど、傷んだ髪でもさらさらになる。

もちろん美容室のトリートメントも、そこまで万能なものでもなく、あくまで傷んだ髪を補修しているに過ぎない

 

今のシャンプーはどれも「リンス・イン・シャンプー」?リンスについて詳しく解説

昔はよく、「リンス・イン・シャンプー」という製品を見かけた。

「リンス(rinse)」は、「すすぐ」という意味で、もともとは、シャンプーを洗い流しやすく(すすぎやすく)するためのものだった。

というのも、昔は今よりもシャンプーの質が低かったので、過剰に髪の毛の油分を奪い取ってしまい、指に髪が絡まるようなものが多かった。そのため、リンスとシャンプーを混ぜてなめらかにすることで、洗いやすくしていた。

最初からリンスが配合されている「リンス・イン・シャンプー」というタイプの商品が人気になった時期があった。

いま普通に売られているシャンプーは、洗いやすくなる成分が最初から配合されているので、実質的に「リンス・イン・シャンプー」だ。

現在において「リンス」として売られている製品は、シャンプーと同時に使うものではなく、「コンディショナー」や「トリートメント」と同じ意味のものとして売られていることが多い。

そもそも「リンス」という言葉を最近はほとんど見なくなった。シャンプーが進化したから、リンスは必要なくなったのだ

 

リンス、コンディショナー、トリートメントの正しい使い方

リンス、コンディショナー、トリートメントなどの「ヘアケア用品」は、「スカルプ(頭皮)」ではなく、「髪の毛をケアするもの」であることに注意しよう。

頭皮に付けるものではないので、そこは間違えないようにしたい。

湯シャンはあり?頭皮ケアのための正しいシャンプーの使い方を解説」で紹介した「正しいシャンプーのやり方」の参考動画で、コンディショナーの正しい使い方についてもやっているので、詳しくは動画を見てほしい。

 

  • 頭皮には付けず、髪の毛の中間から毛先へ、揉み込むようにして付ける。
  • 2分くらい付けたままにしてから流す。

のが、コンディショナーの使い方。

ただ、動画で使用されているマネキンにはそれなりの毛量があるが、それよりも短いショートヘアーの男性の場合、あるいはそれほど髪の毛の質にこだわっていない男性の場合、そもそも「ヘアケア用品」を使う必要があるのか?という疑問もあってしかるべき。

 

そもそも男性にヘアケア用品は必要ない説

リンス、コンディショナー、トリートメントなどの「ヘアケア用品」について解説してきたが、「そもそも男性に髪の毛のケアは必要なのか?」という話がある。

結論から言うと、「そんなに重要じゃない」と自分は思っている。

男性といっても髪の長さは人それぞれなので、ここでは、ツーブロック短髪の男性を想定する。

個人的には、一般的なツーブロック短髪程度の男性の場合、「髪の毛のケア」には、こだわる必要がないと思っている。やりたい人はやればいいが、やらなくてもいい。

メンズシャンプーのおすすめを6つに絞って紹介&解説でも書いたが、男性がこだわるべきは、「髪の毛のケア」ではなく「スカルプ(頭皮)のケア」!

女性は、髪の毛の綺麗さが見られるヘアスタイルが多く、髪の毛も長い(長期間髪の毛を残し続けている)ので、「髪の毛のケア」に気を使うのは当然だ。

しかし、短めのヘアスタイルの男性の場合、髪の毛がすぐに入れ替わるので、ヘアケアにそこまで労力をかける合理性がない。

一方で、男性は、薄毛や白髪という問題に、女性よりも早く直面しやすい。

髪の毛のコンプレックスに事前に対処したい場合、ケアすべきは「髪の毛」ではなく「頭皮」だ。

ほとんどの男性にとって、「ヘアケア」よりも「スカルプケア」のほうが優先度が高い!

ヘアケアをしたい男性はもちろんすればいいのだが、それよりも重要度が高いのが「スカルプ(頭皮)」のケア

 

男性用コンディショナーを使うなら、頭皮ケアを意識したもの

男性用のコンディショナーを使うのであれば、頭皮ケアを意識したもののほうがいい。

有名なのは、スカルプDの「ソリモ」。髪のケアよりも「頭皮のケア(保湿)」にフォーカスしているコンディショナーだ。

created by Rinker
SOLIMO(ソリモ)
¥1,891 (2021/09/18 16:33:55時点 Amazon調べ-詳細)

特に理由がなく、なんとなくシャンプーのあとにコンディショナーを使う習慣のある人は、のちのちの髪のことも考えて、頭皮ケア用に切り替えることを検討してみるといい。

また、髪が女性並みに長く、しっかりと「ヘアケア」をしたい人は、女性用のヘアケア用品で良いものを探すといいだろう。「メンズ用」のケア用品は、ちゃんとした製品になるほど、「髪の毛」よりも「頭皮」を重視している。

男性ならば頭皮ケア用がおすすめだけど、価格も高めなので、そこは難しい。大学生とか20代で、頭皮に問題を感じていない若者ならば、無理して使う必要はない

 

ヘアオイル(流さないトリートメント)が今は主流?

実は、女性用でも、「コンディショナーとかトリートメントって本当に必要?」みたいな話が最近はある。

一般的なコンディショナーなトリートメントにおける「2分くらい付けっぱなしにして、完全に流しきらない」みたいなやり方が、本当に合理的なのかという疑問が出てきていて、「直接付けたままにする製品のほうが良くない?」というコンセプトの製品が増えつつある。

そのため、最近は、「ヘアオイル」や「流さないトリートメント」が注目されている。自分も個人的には、流すタイプよりも、流さないタイプのほうが合理的だと思う。

ヘアケアしたい男性におすすめなのが、メンズ用のヘアオイル。

長髪の男性ではなく、ほどほどの髪の長さの男性におすすめ。

「ヘアオイル」や「流さないトリートメント」は、合理的だしちゃんと効果のある製品だが、価格はやや高め。

ただ、男性は髪が短いので、ちゃんとしたものを1本買っても、わりと長く持つのでコスパは悪くない。

ぶっちゃけ、流すタイプのトリートメントやコンディショナーって、面倒なわりにはそこまで効果がない。ヘアオイルを直接付けたほうが手っ取り早くはある

 

以上、「男性のヘアケア、スカルプケア」について解説してきた。

当サイトでは、「髪」について、他にも様々な内容を書いているので、以下のページも参考にしてほしい。

カッコいい髪型にするには?メンズヘアカットを解説【美容師の探し方、頼み方】 整髪料の仕組みと、メンズヘアスタイリングのやり方【参考動画】 湯シャンはあり?頭皮ケアのための正しいシャンプーの頻度とやり方を解説 ハゲに育毛剤は意味がない!薄毛対策コンプレックス商法が酷い理由について解説

 

「髪」以外にも、メンズ美容について幅広く解説した記事を書いているので、以下も参考にしてほしい。

メンズ美容おすすめの方法画像メンズ美容おすすめの方法まとめ!男の見た目改善テクニックを網羅的に解説 メンズ美容おすすめアイテムメンズ美容アイテムのおすすめをランキング形式で紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。