ヒゲ脱毛(ゴリラクリニック)を完了した体験談!デメリットや後悔したことも正直に書く!

自分はヒゲ脱毛の経験者で、3年半ほど医療レーザー脱毛に通った。

今はほぼヒゲが無い状態で、「永久脱毛を完了した」と言ってもいいと思う。

通ったクリニックは、「ゴリラクリニック」

ヒゲ脱毛については、評判まとめ・口コミなど多くのサイトがあるが、当記事では、自分自身の体験から、「具体的な細かい情報」や「後悔したマイナス点」についても書いていこうと思うので、ゴリラクリニックを検討している人は参考にしていってほしい。

なぜヒゲ脱毛(ゴリラクリニック)に行ったのか?

レーザーのヒゲ脱毛を検討した理由としては、自分の場合は、「青髭」を解消したかった。

カミソリでちゃんと剃っても目立ってしまう「青髭」を解決する方法は、ヒゲ脱毛しかない。

ヒゲが特別に濃いわけではないけど、肌が白いので、出勤前にちゃんと剃っても、半日も経つと青髭が目立ってしまう。BBクリームやコンシーラーなどのメンズメイクによって隠していた。

自分は当時はスキンケアにも気を使っていて、T字カミソリで沿ったあとでメイクを塗ると、口周りの肌が荒れることが多かった。当時は、ヒゲ脱毛にはちょっと抵抗もあったが、問題を根本的に解決するにはヒゲ脱毛するしかないと思ってリサーチ。

医療用ではない「光脱毛」などのサロンは、ほとんど意味がないボッタクリであることは知っていたので、選択肢として、医療用レーザーを扱う、ゴリラクリニック、湘南、メンズTBC、メンズリゼ、の4つを検討していた。

実際に、ゴリラクリニック、湘南、TBC、でカウンセリングを受けてみて、結果的に「ゴリラクリニック」に決めた。

正直、どのヒゲ脱毛サービスについても、マイナス点はあった。

ゴリラクリニックも、カウンセリングなどの段階で色々と懸念に思うところもあったが、料金体系などを色々と加味した上で、自分はゴリラクリニックを選ぶことにした。

 

ゴリラクリニックの料金表は罠

自分は、結果的には、ヒゲ脱毛をやってめちゃくちゃよかったと思っている。

ただ、ゴリラクリニックに関しては、最初の印象がかなり悪かった。というのも、料金表に大きな罠があるからだ。

ゴリラクリニックに通う人は、ほとんどが「6回+3年間」のコース料金で契約するらしい。(これはカウンセラーさんに聞いて確認済み)

ゴリラクリニックのコース料金表は、以下のようになっている。

  • ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下):68,800円
  • 部位追加(ほほ・もみあげ):58,600円
  • 部位追加(くび):45,000円

 

これを見れば、「鼻下とアゴの毛を脱毛するなら、7万ほどあればいい」だと普通に考えてしまうだろう。

しかし、実はそうではない。この料金プランには罠がある!

カウンセリングの料金説明の際には、鏡をもたされて、「ここからここまでがこの部位の範囲です」という説明を受ける。

そのとき、唇の両端から下にまっすぐ(消えるペンで)線を引かれて、「ここまでがアゴの範囲です」と言われた。

ヒゲ脱毛の範囲

 

画像で赤く示した部分が、ゴリラクリニックの定義における「アゴ」だ。

「アゴ」から左右にはみ出た部分は、「ほほ」の部位にあたる。

ほとんどの男性は、「アゴ下」から毛がはみ出た状態になる。自分もそうだった。

「この場合って、もしヒゲ3部位68,800円のプランだけを申し込んだらどうなるんですか?」と聞いたのだが、「すごく中途半端な状態になってしまいます」と、困ったような表情で、カウンセラーに言われた。(実際にそのままの言葉を言われた。)

で、じゃあちょっとはみ出たアゴ(ほほ)の部分を補強するプランがあるかというと、そうではなく、実質的には「部位追加(ほほ・もみあげ)」のコースに加入しなければならないような料金設定に、うまいことなっているのだ。

つまり、ゴリラクリニックの場合、「鼻下とアゴ」の脱毛をしようと思うなら、68,800円ではなく、127,400円(68,800+58,600円)かかる。

これについては、料金表で提示されているプランが、罠としか言いようがないので気をつけよう!

 

ただ、口元から下に線を引くやり方は、「湘南」や「リゼ」といった他のクリニックでも同じで、「ゴリラクリニック」だけが悪質というわけではない(ゴリラクリニックの料金表は特に露骨なのでヒドいとは思うけど)

ヒゲ脱毛は、健康保険の効かない「審美治療」なので、どうしてもお金はかかる。

「ゴリラクリニック」の4年間プランは、消費税を含めると合計で14万円ほどかかるが、別にボッタクリではなく、他のクリニックのほうが安いわけではない。

 

カウンセラーは単なる販売要員

基本的に脱毛クリニックは、「無料カウンセリング」を掲げている。

「無料でカウンセリングを受けられるなんてスゴい!」と思う人もいるかもしれないが、カウンセラーは単なる販売要員だ。

カウンセラーは、自分の場合はどの院でも女性の方だったが、看護師ですらなく、何の医療資格を持っていない。基本的に、プランの内容を説明するために雇われている人といった感じ。また、なるべく高めのプランを勧めてくることが多い。

例えばゴリラクリニックの場合は、「平日以外にも予約を入れられるプラン(追加で19,800円)」や、「麻酔のセットが含まれるプラン(追加で34,800円)」を、やたら勧められた。そうするよう指導されているのか、営業ノルマなどが課せられているのかもしれない。

医療系の質問に関しては、「資格がないので答えられない」と言われたが、料金プラン関連のことについては、当然だが質問にはちゃんと答えてくれた。

他のサイトの悪評でよく言われているような、即契約を強く迫ってくるとか、そういうことは自分の場合はまったくなかった。

「別のクリニックにも行ってみて検討します」と言ったら、特に引き止めなどもなく、資料を渡されて終わり。

 

「予約の方法」と「待ち時間」について

ゴリラクリニックの基本プランで予約できるのは、「平日の朝から昼」までで、「平日の夜」や「休日」に通う場合は、約2万円の追加プランが必要になる。

自分の場合は、当時は仕事で融通が効いて、平日でも通うことができたので、追加プランは買わなかった。

ヒゲ脱毛は、1回やるごとに、9週間のクールタイムが必要で、最短でも2ヶ月ちょっと空ける必要がある。

施術をすると、そのあとに、「次の2ヶ月後の予約を入れますか?」と受付で聞かれて、手続きする。

一度、予定が入ってキャンセルしてしまったことがある。そのあとで予約しようとすると、直近でも3週間後の日程を提示された。

つまり、「2ヶ月後の予約を守ると最短で施術し続けられるが、キャンセルをすると3週間ほど予約が取れない」という感じだった。

ただ、あくまで自分の場合で、予約状況によっては、キャンセル後に予約できる期間は、もっと早かったり、あるいはもっと遅かったりする場合も考えられる。

なお、指定された予約時間に行って、長く待たされた経験は、自分の場合は一度もなかった。自分は15回ほど通院しているが、10分以上待たされたことはないと思う。

「Googleの口コミ」などを見ると、「予約時間通りに行ったのに長く待たされた」という投稿がよく見られる、これは、自分は一度も経験しなかったので、やや不可解。院の場所によっても違いがあるのかもしれない。ちなみに自分がよく通っていたのは「渋谷院」と「新宿院」。

 

実際に施術を受けての感想……痛みはどうだった?

施術をした日は、最初に医者の検診を受ける。

といっても、肌の状態を確認して、いくつかの注意事項を説明されるだけで終わり。医療レーザー脱毛は医者のチェックがなければできない決まりだから、あくまでも形式的なやつだ。

医者のチェックは、初回の1回のみで、あとはそのまま看護師さんによる施術。

ベッドのようなものに寝かされて、アイマスクをつけられ、ひんやりするジェルを塗られる。そのあとに、レーザーで脱毛。

「パシュ!」「パシュ!」と数回レーザーを打って冷やし、「パシュ!」「パシュ!」とまた打って冷やし……と、レーザー照射と冷却を交互に繰り返す。

カウンセラーの人は「ゴムを弾かれる痛み」と表現していたが、それで間違っていない。より悪い言い方をするなら、「熱い針を刺されるような痛み」だ。

痛みに加えて、ヒゲが焦げる匂いが鼻に入るので、それがけっこうビビる。

もみあげ、ほほ、アゴ下など、痛みが比較的少ない場所から順番にやって、アゴ下、鼻下と、痛みが強い場所は最後にやる。つまりだんだん痛くなってくるのだが、これに関しては、心の準備ができるのでありがたい。

毛が濃い場所ほど痛いらしく、痛みの強さで言えばアゴ下だけど、鼻下のほうが痛みをより感じやすいので、「もみあげ < ほほ < アゴ下 < アゴ < 鼻下」の順で痛かった!

痛みの感じ方は人によって違うからなんとも言いがたいが、「痛いけど、我慢できないほどではない」程度の痛みだと自分は感じた。

嫌なタイプの痛みではあるけど、涙が出るほどの痛さではない。

我慢できないレベルの痛さではない。ただ、個人的には、「痛みを待って、受ける」ということの恐怖感自体がけっこう嫌だった。注射が嫌いな人はヒゲ脱毛も嫌いだと思う

 

ゴリラクリニックは、麻酔を用意しているが、笑気麻酔(ガス麻酔)を1回だけ使ったことがある。ガスを吸入するタイプの麻酔。

笑気麻酔は、ふわふわした感じで感覚がマヒする。痛みを感じるために集中するとたしかに痛みはあるんだけど、どうでもいいというか、痛みを受けていることが気にならなくなる感覚。医療技術ってすごいなって思った!

麻酔をやると痛くないのだけど、1回麻酔を試したあとは、すべて麻酔無しでやった。

麻酔は1回3000円ほどするので、痛みを我慢して浮いたお金で美味しいものを食べたほうがいい、という考え方をしていた。

笑気麻酔は、なかなか面白い体験なので、いちど試しにやってみるのはいいと思う。毎回使えるなら使ったほうがいいかもしれないけど、自分はお金を浮かせるために痛みに耐えていた(笑)

 

終わったあとの肌荒れ

施術が終わったあとは、「当日はお酒やスポーツをやめて、お風呂はシャワーだけにしてください。翌日から肌荒れがないようならヒゲを剃っても大丈夫です」と言われる。

「翌日に肌荒れが出た用のクリーム」を、お土産にもらえる。

自分の場合は、そこまで肌荒れは起こらなかった。

当日は、レーザーを当てた場所がやや赤くなっていた感じ。

翌日、鏡でよく見てみると、小さい毛嚢炎っぽいものがいくつか出来ていたけど、かなり近づかなければ見えないような程度。毛嚢炎も2日くらいで消えたし、「ヒゲ脱毛したあとかな?」と周囲から思われるみたいな肌荒れにはならなかった。

これに関しては個人差があるらしく、ひどい肌荒れが出る人もいるようなので、あくまで自分の場合

 

ヒゲ脱毛後のヒゲは、やわらかくふにゃふにゃした感じのヒゲになっている。

レーザーを当ててからすぐに抜け落ちるのではなく、1週間後くらいからポロポロと自然と抜け落ちていく。

抜け落ちる前のヒゲは、生気がないのにまだ皮膚にくっついている感じで、髭剃りをしても普段よりもちゃんと剃れず、レーザーを当ててから数日くらいは、むしろ青髭が若干濃くなったような感じだった。

ただ、ヒゲ脱毛後の青髭がちょっと濃く見える現象は数日のことで、1週間後くらいからはヒゲが抜け落ち始めて、青髭が目立たなくなる。

 

最初に脱毛した後のヒゲの生え方

ヒゲ脱毛をしてから1週間くらいして、手でヒゲをこすると、毛がポロポロと抜け落ちてくる。

ヒゲの抜け方はまばらだが、脱毛後、2週間から3週間くらいの間に、かなりの毛が抜け落ちる。

抜け方がまばらで、ところどころ残っている毛があるので、カミソリをする必要はあるが、ちゃんとカミソリをすると、青髭がほとんど目立たない綺麗な口元になっていた。

初回のヒゲ脱毛をしてから2週間の段階でヒゲを剃って、青髭がまったく目立たなくなっていたときは感動した!

 

ヒゲの永久脱毛は、何回も繰り返して少しずつ薄くしていく必要がある。

ヒゲには生えてくるサイクルがあり、9週間の期間を空けて、レーザーを打つ。

レーザーを打ってからの経過は、だいだい以下のようになる。(これは自分の場合なので、具体的な期間については目安程度に考えてください)

  • レーザーから0〜1週間程度……毛がふにゃふにゃしていて剃りにくく、むしろ青髭が目立つ?
  • レーザーから1〜4週間程度……ヒゲが抜け落ち始めて、青髭が目立ちにくい状態になっていく
  • レーザーから4〜9週間程度……またヒゲが普通に生えてきて、普段どおりに戻っていく

このサイクルを繰り返していくうちに、だんだんヒゲが薄くなっていく。

ヒゲ脱毛は、何度もやらなければ効果がない。ただ、最初に1回やっただけでも「青髭が目立たないキレイな期間が3週間ほどある」のは、地味に嬉しい。痛みに耐えて通い続けるモチベーションになる。

 

通常のレーザーだけでなく、メディオスターという機器もある

ゴリラクリニックには、通常のレーザー脱毛の機器だけではなく、「メディオスター」という機器も導入されている。

毎回予約するときに、「どちらの機材にしますか?」と確認される。

メディオスターは、バルジ帯という毛を作る幹細胞に熱を当てるらしい。脱毛効果は通常のレーザー脱毛と同じだけど、痛みが少ないと説明された。

自分はメディオスターを2回使ったことがある。

通常のレーザーが「パシュ!」「パシュ!」って感じだとしたら、メディオスターは「ジワジワ……」というタイプの痛み。

痛みの種類が違うけど、メディオスターのほうが痛みが少ないとされているのは、わかる。

メディオスターの(個人的な)欠点は、通常のレーザー脱毛にある「毛がパラパラ抜け落ちるタイム」がないこと。なぜなら、「いま生えている毛」ではなく、「次に生えてくる毛」に作用するものだからだ。

自分は、毛がパラパラと抜け落ちるのが好きなので、2回メディオスターを試してからは、通常のヤグレーザーにしていた。これに関しては好みだと思う。

「メディオスター」のほうが確かに痛みは少ないかもしれない。とはいえ、「メディオスター」でもそれなりに痛いので、結局のところヒゲ脱毛はどうやっても痛い。

痛いのが苦手な人は、「メディオスター」でお願いするといいと思う。特に別料金などは必要ない。ただ、メディオスターもジワジワするタイプのイヤな痛みがあるし、痛くないわけではない

 

1年も通えば「減耗」できる

どれくらいのスパンで薄くなるかは、その人のもともとのヒゲの濃さによる。

自分の場合は、1年(6回)通っただけで、「青髭」という問題はだいぶ解消された。

髭剃りをしなくてよくなるわけではないけど、ヒゲの毛量が減ると、青髭は目立たなくなる。

「減耗」に関して言えば、自分は1年(6回ぶん)だけでも、十分に満足行く成果が出たと感じた。

「毎日ヒゲを剃らなくていい」というほどになったのは、2年半(15回)通ったくらいから。

 

看護師さんは毎回変わる

何回も施術を受けてると、看護師さんにも(言い方は悪いけど)当たり外れがある気がする。

レーザー脱毛は、「レーザーを打って冷やす」を繰り返すのだが、連続でパシュパシュやられると、痛みを強く感じやすい。とはいえ、ゆっくり過ぎるのも、「痛みが来るのを待つ」時間が増えるので、個人的にはあまり好きではない。

適切なスパンで照射と冷却をやってくれるような、上手な人もたまにいる。

看護師さんは、男女比率で言えば女性のほうが多いが、男性の看護師さんにも2回やってもらったことがある。そして、男性の看護師さんはみんな上手な気がした。

使う機器はみんな一緒で、「下手な人に当たるからめちゃくちゃ痛い!」というわけではない。

もし怖いなら、「ちょっとゆっくりめにやってもらってもいいですか?」と言えばいいと思う。

単に気のせいかもしれないけど、注射と同じように、レーザー照射にも上手い下手があるような気がするんだよね

 

立地、室内の雰囲気は?

自分は、銀座、池袋、渋谷の院に行ったことがある。

立地は、どの院も駅から歩いていけるところにある。渋谷や池袋だと繁華街のイメージがあるけど、院があるのは繁華街の反対側の、雰囲気が静かなオフィス街。

室内の雰囲気は、普通の病院が「白くて明るい」だとしたら、ヒゲ脱毛クリニックは「薄暗い」感じ。当然だが、美容クリニックという性質上、他の客にはなるべく関心を向けない。「儀礼的無関心」と言うのだろうか。

ゴリラクリニックは、使っている人が多いのか、平日の昼間でも人がたくさんいた。椅子などには十分に余裕があって、座れないなんてことはもちろんない。

待受室には無料のドリンク販売機が置いてある。

どうでもいいが、受付やスタッフの人たちは、ほとんどが女性で、「顔採用なのかな?」と思うくらい美人が多い。

スタッフはみんな丁寧で礼儀正しい。廊下とか通るときにすれ違うと、みんな立ち止まってお辞儀をしてくれる。

 

ゴリラクリニックの不満点・後悔していること

自分の場合、最初の料金プランの説明が、一番不満だった。

ただ、印象が悪かったのは最初だけで、そのあと3年ちょっと通ったのだが、不満に思ったことやトラブルは一切なかった。

ヒゲ脱毛の結果についても、めちゃくちゃ満足している。

ただ、今にして思えば、自分は「減耗が目的」かつ「ヒゲがそこまで濃くない」タイプだったので、やり方によっては、もっと安く済ます方法があったと思う。

「ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下)」で頼んで、残ったアゴの髭を「メンズTBC」などで処理してもらう、みたいなやり方のほうが、おそらく安く済んだ。

ゴリラクリニックが悪質というわけではなく、むしろ4年通えることを考えれば、特に割高とは言えない。

ただ、「ヒゲが濃い人」であれば悪くないが、「ほどほどの髭の濃さ」の人であれば、別のヒゲ脱毛のほうが、目的の効果を、より安い価格で得られると思う。

料金プランはともかく、施術とその効果に関してはとても満足してます

 

 

以上、「ヒゲ脱毛(ゴリラクリニック)を完了した体験談」について書いてきた。

ヒゲ脱毛後に感じたメリット・デメリットをまとめた記事も書いているので、よければ以下も参考にしてみてほしい。

実際にやってみて思うヒゲ脱毛のメリットとデメリット

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。