「清潔感のある人が好き」の本当の意味を解説!女性は男性の社交性を見ている【モテと美容】

女性に対して「どういう外見が好き?」と聞くと、「清潔感のある人が好き」「清潔感があればこだわらない」などの返答が返ってくることが多い。

この、女性が言いがちな「清潔感」が、物理的・医学的な意味における「清潔」と違うことくらいはわかるだろう。

結論から先に言うと、「清潔感があるかどうか?」は、「社交的かどうか?(外見にコストをかける傾向があるか?)」の指標として見られている。

そしてそれは、女性側の視点からすると、けっこう合理的なことではあるのだ。

今回の記事では、

  • 女性が言う「清潔感」の本当の意味は何か?
  • 「清潔感のある人が好き」の本当の意図は何か?
  • 「清潔感のある人」になるためには何をすればいいか?

を解説していく。

美容を志す男性にとってもわりと重要な内容だと思うので、興味のある人は見ていってほしい

「清潔感がある人」の正体は、「社交的な傾向のある人」

男性の容姿における「清潔感」は、具体的には

  • 鼻毛などのエチケットができている
  • 髪型をスタイリングしている
  • よれた服装をしていない
  • 無精髭や青髭などをケアしている

などが重視される。

別にこれは、物理的・医学的な意味の「清潔」とは、それほど相関がない。

シャンプーで洗ったままの髪の毛と、整髪料でセットした髪では、前者のほうが清潔ではあるけど、「清潔感がある」と見なされるのは後者だ。

女性の言う「清潔感のある人」を言い換えると、「社交的な傾向のある人(外見のためにコストをかける傾向のある人)」という意味だ。

女性は、社交的な人を好ましく思いやすく、それゆえに外見において、「清潔感(外見に適切なコストをかけているか?)」を重視しやすい。

「外見にコストを支払う」というのは、無駄に高い服を買う、というのではなく、「ヘアセットや身だしなみに手間を支払っているか」みたいな意味。

男性からすると、このような女性の判断には文句を言いたくなるかもしれない。「外見がキッチリしている人間は、軽薄で胡散臭い場合が多く、本当にスゴいヤツほど、あまり髪型とかファッションを意識しない。熱心にやるべきことのある男は、外見にコストをかけたりしない」と男性は考えがちだし、それが間違っているわけではない。

だが、女性側からすれば、「清潔感のある人が好き(社交的な傾向を好ましく思う)」なのは、合理的な判断規準なのだ。

 

女性が「社交的な人」を好む理由

これは、エリック・バーカー『残酷すぎる成功法則』という書籍に載っていた話なのだが、「社交的な傾向のある人ほど、社会的に成功する期待値が高い」

created by Rinker
¥923 (2021/09/19 01:29:45時点 Amazon調べ-詳細)

この話は、『残酷すぎる成功法則』第4章に載っていたのだが、

  • 「内向的」な傾向のある人
  • 「社交的(外交的)」な傾向のある人

このふたつで、「どちらがより成功しやすいか?」を調査した研究がある。

調査の結果は

  • 「社交的な人」は、平均的に成功しやすい
  • 「内向的な人」は、平均的に成功しにくい。一方で、トップ層だけを見ると「内向的な人」の比率が多い

ことがわかった。

 

アスリート、アーティスト、学者、起業家など、トップクラスの成果を出した人は、「内向的」なタイプが圧倒的に多い。

一方で、「内向的な人」は平均的には「外交的な人」よりも成功できない。つまり内向性は、一部のトップクラスを作り出すが、残りは死屍累々なのだ。

  • 「社交的な人」は、平均的に成功しやすいので期待値が高い
  • 「内向型な人」は、突出した成果を出す者と、まったくダメな者に別れる

 

「女性はチャラチャラした上辺だけの人間が好きなんだろうな」と男性は不満を懐きやすいが、成功の期待値が高い「社交的な人」を好む女性の判断は、基本的には間違っていない。

「何らかの目に見える成果」を出している「トップ層の内向型人間」の場合は、清潔感などなくても女性からモテるだろう。

「期待値で判断される」の段階の学生時代などは、社交的な「陽キャ」タイプがモテやすいが、実際に「陽キャ」のほうが平均的には成功する期待値が高い。

「陰キャ(内向的なのに目に見える成果を出しているわけではない)」がモテないのは、女性側からすれば妥当な判断ではある。

やや悪意のある言い方になるかもしれないが、女性が言う「清潔感のある人が好き」は、「外見に気を使わないほど社交性がないのに、目に見える成果を出したわけでもない人間は、私に近づかないでほしい」という意味。

残酷な話かもしれないけど、女性側の立場で考えれば妥当な判断規準ではあると思う

 

個人競技よりチームスポーツのほうがモテやすいという話

さらに補足すると、「個人競技よりもチームスポーツのほうがモテやすい」という話がある。

「内向的な人」の突出した成果が評価されるようになったのは、様々な社会制度が整備された後のことだが、人間の本能の大部分は、社会が整備される前の、狩猟採集生活の時代に形作られている。

この手の「狩猟採集時代に人間の本能の大部分が作られた」という話は、『サピエンス全史』などのベストセラーが話題になって有名なので、知っている人は多いと思うが、近年では「進化心理学」と呼ばれてピックアップされることも多い。

created by Rinker
¥3,960 (2021/09/19 01:29:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

モテに関しての進化心理学で、わかりやすいものをひとつ言うなら、「チームで協力する男性は魅力的に映る」というのがある。

「狩り」や「戦争」においては、個人の能力よりも、チームを組んだ男たちが機能的に協力し合うことが、成功の要因になりやすい。

メディアや興行のイメージでは、総合格闘技などのチャンピオンが「強い人間」と認知されやすいが、実際の戦争に近いのはサッカーやバスケなどのチームスポーツである。

そして、(どんなスポーツでもプロ競技者ならモテるというのは置いておいて、)学生の部活動レベルであれば、柔道部や剣道部のような個人競技よりも、バスケ部やサッカー部のようなチームスポーツをやっている人のほうがモテやすい。(これを学生時代に痛感した人は多いのではないだろうか)

理不尽な話かもしれないが、「道着をマメに洗濯している角刈りの柔道部」よりも、「靴が泥だらけでヘアワックスをつけているサッカー部」のほうが、「清潔感がある」のだ!

もっとも、学生を卒業したあとはスポーツ云々はほとんど関係なくなるし、現代社会では、動物を狩猟したり、他部族と戦争したりはしない。

現代社会の多くの場面においては、身だしなみや服装で、その人の性向を判断するしかない。

そんなとき、「外見(他人から見られること)にコストをかけている=清潔感のある」ほうが、「チームで協力できる男性である」と勘違いされやすく、だからこそモテる

 

「清潔感」は、くだらないことだからこそ、手っ取り早くクリアすると良い

「清潔感」とは、ようは「コミュニケーションのためにコストをかけているか?」なのだが、それは別に本質的なことではない。

男性は、「そんなことで価値を評価されるなんてくだらねえ」と思う人が多いかもしれない。実際に、そういうくだらないものを無視して、突出した成果を出すことにすべてを注ぎ込むのもアリだと思う。

だが、タネがわかれば大したものではないので、「清潔感」程度のことは、手っ取り早くクリアしてしまうのがいいだろう。

くだらないことなのだが、それに対してグチグチ不満を言っても得るものは特にないので、「くだらないからこそ、なるべく楽にクリアしてしまおう」という意識で取り組むといい。

実は重要なのは、「コミュニケーションのためにコストを支払っていると他人から見られるか?」であって、実際にコストを支払っている必要はない。やるべきことを最短でやってしまえば、「清潔感のある人」と見られるための身だしなみは、そんなに大変なものではない。

「清潔感」を演出する上でウェイトが大きいのは「髪型」「服装」だ。

  • 自然体な髪型よりも、セットした髪型
  • カジュアル、ラフな服装よりも、フォーマルな服装

を意識すると、「清潔感がある」と見られやすくなる。

「髪型をセットしたからって清潔というわけではないし、フォーマルな格好だからって清潔なわけじゃないだろ」というのはまったくその通りなのだが、「自然なまま」ではなく「ケアしている感じ」を出すのがポイントになる。

男性の多くは、「自然なままで美しいのが良いこと」という観念を持っているが、「清潔感」を演出するためには、「ケアしている感」を意図的に出すのがコツ。とりあえず髪にスタイリング剤をつけておくだけでも意味がある

 

「髪型」と「服装」の他には、

  • 鼻毛や耳掃除などエチケットが完璧にする
  • 眉毛が野暮ったくない形に整える
  • 無精髭や青髭が目立たない
  • スキンケアができていて肌が綺麗
  • だらしない体型ではなくスマートである

などが「清潔感がある」と見なされるための要素になる。

エチケットや眉毛はともかく、青髭、スキンケア、ダイエットなどは、一朝一夕でできるものではなく、「身だしなみ」というよりは「美容」に類するものになる。

当サイトでは、髪型、服装、エチケット、眉毛、青髭、スキンケア、ダイエットなど、個別にメンズ美容の記事を書いているので、よければ参考にしていってほしい。

整髪料の仕組みと、メンズヘアスタイリングのやり方【参考動画】 男性のエチケット(身だしなみ)のチェックリスト!最低限これだけはクリアしよう メンズ眉毛の整え方!初心者でも簡単にできる眉カット法を解説【シェーバーを使え!】 青髭が濃い人の原因と解消法!脱毛クリーム、メイク、ヒゲ脱毛などの対策について解説 男の美容で最低限やるべきことは「肌の保湿」である【超簡単スキンケア】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。