バレないメンズメイクの方法と参考動画集!男性の化粧の仕組みを初心者向けに解説

「男性のメイク」は、今はまだそれほど一般的なものとは言えない。だが、見た目の良さは無意識下でも人に影響を与える

「あ、この人メイクしてる!」とは思われないけど、実はスッピンより見た目が良くなっているような、「バレないメンズメイクの方法」を解説していく。

初めてメンズメイクする初心者向けに、「仕組み」や「理屈」を重視して説明するつもりだ。また、メイクの方法に関しては、文字で説明するよりも動画を見たほうが早いので、初心者でもマネしやすそうな参考用YouTube動画を紹介している。

メンズメイクの「仕組み」を解説

男性は、「仕組み」の部分を知っておきたいタイプが多いと思う。

化粧をすると、どういう理屈によって見た目が良くなるのか?

メイクの「仕組み」としては、

  • 肌荒れ、テカり、青髭、毛穴、シミ、ニキビなどの「欠点を見えなくする」
  • ムラのある肌の色を「均一に整える」
  • 肌のトーン(肌色)を上げて「明るく見せる」
  • シェーディングやハイライト(明暗の表現)によって「立体感を出す」(鼻を高く見せたり、輪郭をシャープに見せる)

ことによって、メイク前よりも、メイク後のほうが美しく見える。

他にも、カラコン、アイブロウ、アイシャドウ、メンズ用アイプチ、リップなど、「こうすればもっと良くなる」という細かなメイクは色々あるが、主に上の4つを押さえておけば十分だろう。

 

メイク道具の名称と使い方について

メイクには様々な道具がある。名称と使い方について、ひとつひとつ理解しようとするよりも、参考動画を見ながら「この製品はこうやって使う」と、見よう見まねでやってみたほうがいい。

だが一応、基本的なメンズメイクの道具について、手短に解説する。

  • 「化粧水」……メイクをする前の保湿のために使う。肌に塗ってから拭き取る。
  • 「乳液」……化粧水と同じく保湿用の液体。化粧水よりも油分が高め。
  • 「化粧下地」……化粧をする前の下地として肌に塗る。テカりの防止、化粧崩れの防止、上に塗る化粧品から肌を守るスキンケア目的、日焼け止めなど、素肌と化粧品を取り持つ役割を果たす。
  • 「ファンデーション」……毛穴などの凹凸を均し、肌の色を均一にする、ベースとなるメイク。複数のファンデーションを何層にも塗ることもある。
  • 「肌補正クリーム」……「テカり防止クリーム」「毛穴防止クリーム」などと呼ばれる。ファンデーションと似たようなもの。
  • 「オールインワン化粧品」……「BBクリーム」「CCクリーム」の名称で知られている。化粧水、化粧下地、ファンデーションを兼用し、一本だけで幅広くカバーすることを目指したもの。
  • 「コンシーラー」……シミ、シワ、ニキビ、クマなどを隠すために使う。ファンデやBBクリームのように全体に塗るのではなく、気になるところにピンポイントで塗る。
  • 「パウダー」……仕上げの段階に使うことが多い。肌色やトーンの補正や、メイクを長時間維持するためのカバー力を上げる。
  • 「ライナー」……線を引く。引いて線を馴染ませて使うことも多い。目尻をくっきりさせたり、涙袋を作るときなどに使う。
  • 「シェーディング」……影をつける(暗くする)用。頬やアゴなど、輪郭に使って立体感を作り、顔をシャープに見せる。
  • 「シャドウ」……「ノーズシャドウ」「アイシャドウ」という名称のものが多い。輪郭用の「シェーディング」よりも濃い。鼻の周りや目元に使い、鼻を高く見せたり、目をくっきり見せる。
  • 「ハイライト」……ピンポイントで明るさを表現する用。「シャドウ」と組み合わせるなど応用の幅が広い。

以上が、メイク用品のざっくりした解説。

「いろいろあって大変だなあ」と思うかもしれないが、どれも使い方は「塗るだけ」だ。

基本的にベースメイクは「塗っているだけ」なので、実際にやってみれば、わりと直感的で簡単だ。

やることは全部「塗るだけ」で、意識すべきこととしては、

  • 「欠点を隠す」
  • 「色を整える」
  • 「色を補正する(明るくする)」
  • 目元、鼻、輪郭に陰影をつけて「立体感を出す」

を踏まえておけばいい。

なお、初心者は、シェーディングやシャドウを使って「立体感を出す」ところまではやらなくていい。

あと、「化粧水」→「乳液」→「化粧下地」みたいに、バカ正直に全部を順番にやる必要はない。

自分で必要だと思う行程だけをやれば良く、例えば

  • 「化粧水」で保湿
  • 「化粧下地」を塗る
  • 「BBクリーム」を塗る

だけでも、十分にメイクは成り立つ。

「化粧水」や「化粧下地」さえ、別に必須ではない。

メンズメイクは、「BBクリーム」を塗りさえすれば、それだけで一応は完結する。メンズメイクのハードルは決して高くはない。

 

メンズメイクの流れ

いろいろなメイク用品があるので、「何をどういう順番でつけるの?」と混乱するかもしれない。

基本的に化粧品は、「流度の高いもの順(=粘度の低いもの順)」につける。

つまり、液状のもの(サラサラしたもの)から先に塗って、粉状のもの(ネトネトしたもの)を後に塗る。

  • 「化粧水」「乳液」で保湿
  • 「化粧下地」など流度が高いもの
  • 「BBクリーム」「ファンデーション」など流度が中程度のもの
  • 「シャドウ」「ハイライト」、「パウダー」など流度が低いもの

といった順番でやることが多い。

原則が当てはまらない場合もある。例えば、粘度の高いコンシーラーでニキビなどを隠したあとに、液状のファンデーションやBBクリームを上から塗ることはよくある。

また、「パウダータイプの化粧下地」は、粉状だけど一番先に使う。

例外はあるけれど、基本的には「サラサラなものから順番に」と考えておけば、そこまで間違いはない。

 

バレないメンズメイクのための参考動画集

文字で説明してもわかりにくいので、動画を見て、マネしてやってみるのが一番早い。

メンズメイク初心者が参考になりそうなYouTube動画を紹介する。

【ばれないメンズメイク】3分でコンプレックスを消すメイクとは?【YouTuber宮永えいとコラボ】

サトシーノが美容系ユーチューバーとコラボした動画。「肌補正クリーム」と「BBクリーム」を塗るだけ。塗り方まで丁寧に解説されているので、誰でも真似しやすいと思う。

 

たった一工夫?”最大限"にカッコよくなれるメイク法

真似しやすいBBクリームの応用編。基本のBBクリームと、それとワントーン暗い色のクリームを使って、単に色を均一にするのではなく、自然な立体感を作る。シェーディングやシャドウを使わなくても、BBクリームを併用する形で自然かつ応用的メイクができる。簡潔かつ丁寧に説明されていて素晴らしい。

 

【モテたい男子必見】絶対に”バレない”ナチュラルメンズメイク

メイクしてるとバレずに、最大限ルックスを引き上げるためのメイク。「バレない」ことを最重要視した上で、コンシーラー、シャドウ、パウダーもちゃんと使っているので、非常に参考になる。

 

【メンズメイク】いつもの2倍ナチュラルにメイクしてみた

人気美容系ユーチューバーのメンズメイク講座。基本的には、メンズメイクでシェーディングやハイライトまでやる必要がないと思うが、詳しい人はこんな感じでやるという参考になる。

 

初心者におすすめのメンズコスメ

上で参考動画を紹介してきたが、基本的には、動画を見ていて「良さそうだな」と思ったものを買って、マネしてやってみるといい。

一応ここでも、男性が使える化粧品で、「これは間違いない!」という定番のものを紹介していく。

ハトムギ化粧水

created by Rinker
麗白
¥2,246 (2021/09/18 23:33:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
麗白
¥357 (2021/09/19 01:31:56時点 Amazon調べ-詳細)

化粧水は成分が「ほぼ水」だし、拭き取ってしまうものなので、無理にこだわる必要はないと思う。「ハトムギ化粧水」は、品質も高くコスパも最強。「ミスト(スプレー)」タイプのものだとやや割高になるけど楽に使える。

 

コットン、パフ、スポンジ

created by Rinker
石原商店
¥352 (2021/09/19 01:31:57時点 Amazon調べ-詳細)

メイクを始めるなら、コットン、パフ、スポンジなど、使い捨てできる安いやつを持っておくと便利。化粧水を染み込ませたり、ファンデーションやBBクリームを広げるように塗ったり、シャドウをぼかしたり、パウダーを乗せたりと、汎用性が高い。

 

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地 ピンク

化粧下地は、必ずしもメイクに必須なわけではないけど、適切に使えば優れた効果を発揮してくれる。

男性用の化粧下地はまだあまり良いものがないが、女性用のものを使っても別に問題ない。「セザンヌのピンク」は、女性の間でも超人気のコスメ。「テカり」や「化粧崩れ」を防止する役割を持つ。

 

 

「バレないメンズメイクの方法」の解説は以上。

メンズメイクは、まだまだ未開拓の領域でもあるので、YouTube動画などを見ながら、自分に合ったメイク法を見つけていく楽しさがある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。