男性がいい匂いをつけるおすすめの方法は?メンズ香水、練り香水、柔軟剤について解説

「いい匂いをつけたい」と考える男性は多いと思う。

香水のように強い匂いを与えるものでなくとも、「ほのかに香る」程度の、「練り香水」や「柔軟剤」という選択肢もあり、むしろそちらのほうがおすすめしやすい。

この記事では、香水、オーデコロン、練り香水、ボディミスト、柔軟剤について、それぞれの使い方と、個人的におすすめのものを紹介していく。

香水の注意点と、おすすめの香水

「匂いをつける」ための代表的なものが「香水」だ。はっきりとわかる匂いが持続することを望むのなら、変にごまかしたりせず、「香水」を使うのがいい。

しかし、「万人に良い印象を与えたい」のであれば、香水はおすすめできない。

「匂い」は、相手に強制的にそれを与えてしまう性質を持つ。衛生基準が高まった現代において、喫煙が嫌われるのと同じように、強い匂いを与えるものを意図的に使うのは、「マナー違反」「常識がない」と見なされやすい。

ブルガリなど有名ブランドの香水は、世界トップの天才調香師が、長い研鑽の上で編み出した「とても良い匂い」だ。しかし、「自分がいい匂いだと思っているから、相手にそれを強制的に嗅がせてもいい」という考え方自体が不快に思われる原因なので、「どんな匂いか?」はあまり関係ない。

基本的に香水は嫌われるが、一方で「メリット」もある。相手が自分に良い印象を抱いている場合に限っては、香水はその効果をブーストしてくれるワンナイト目的の出会いや、営業など、「数打ちが前提で、短期的に強く好かれる必要がある場合」には、香水は有用だ。(この話について詳しくは、「香水をつける男性が嫌われる理由と、メンズ香水を有効に使う方法」で解説している)

なお、日本ではひとくくりに「香水」とされるが、香料濃度ごとに

  • 「パルファム」 ……濃度15~30%
  • 「オードパルファム」……濃度10~15%
  • 「オードトワレ」……濃度10~5%
  • 「オーデコロン」……濃度5~2%

という名称で分類されることが多い。

ただ、香料濃度による分類はそこまで当てになるものでもなく、

  • 「香水」……しっかり香る。「パルファム」や「オードトワレ」など香料濃度の高いもの
  • 「オーデコロン」……ほのかに香る。「香水」ほど香料濃度が高くない、薄い香り付け

と考えるのがいい。

ちなみに、オードトワレ以上の「香水」は、「マナー違反」と見なされるリスクがあることは理解しておこう。具体的には、「牛丼屋のチェーン店で隣に座った人が香水だとわかる」くらいの香り方で、隣の人から内心舌打ちされている可能性がある。

「香水」を使っているなら、狭い飲食チェーン店には入らないのがマナーだろう。

それを踏まえた上で香水を使いたい人のために、おすすめの香水を紹介していく。

ブルガリ ポールオム

created by Rinker
BVLGARI(ブルガリ)
¥6,702 (2021/06/22 01:23:40時点 Amazon調べ-詳細)

「ブルガリ」は、イタリアの宝飾品ブランドだが、香水が有名。詳しくない人でも、名前くらいは聞いたことがあるだろう。

「香水」に関しては、歴史のある海外の有名ブランドのほうが、チープなものと比べて匂いのクオリティは圧倒的に高い。

ブルガリのプールオムは、爽やかかつ落ち着きのある香りで、女性ウケする香水の定番中の定番。

ただ、これを使っているホストは多く、ホスト通いとか夜職の女の子には「ブルガリじゃん」と思われる。

 

ブルガリ ブループールオム

created by Rinker
BVLGARI(ブルガリ)
¥7,031 (2021/06/22 01:23:40時点 Amazon調べ-詳細)

最近、非常に人気の高いブルガリの青。ピリッとして、清涼感が増した匂い。

軽さのある匂いなので、一般的な男性なら、こちらのほうが使いやすいと思う。

高級感と爽快感が両立していて、さすがの高級ブランドというクオリティ。

個人的にはかなり好きなブレンド。

 

ブルガリ マン イン ブラック

created by Rinker
BVLGARI(ブルガリ)
¥5,258 (2021/06/22 01:23:41時点 Amazon調べ-詳細)

いわゆる「大人の香り」というタイプなら、ブルガリの黒。

お寺のお香のような、懐かしくなる匂いと、デパートのエントランスのような、上質感のある匂いが混ざったような感じ(※個人の感想です。匂いを言葉で表現するのは難しい!)

頼りたくなるような、危ういようなテイストを演出しているらしいので、ワンナイト狙いの中高年におすすめの香水かもしれない。

ただ、こういう香水を自信満々につけても、女の子からは引かれている可能性があるので、量をつけすぎないように注意しよう。

 

カルバンクライン CK-one オーデトワレ

created by Rinker
CALVIN KLEIN(カルバンクライン)
¥2,013 (2021/06/22 01:23:42時点 Amazon調べ-詳細)

「カルバンクライン」は、アメリカのメーカーで、高品質かつ安価なのが特徴(同じ量あたり、ブルガリの半分以下の価格)。

香水デビューしたい初心者や、コスパを重視する人におすすめ。

香水に関しては、できれば、百貨店の香水コーナーに行って自分で匂いを嗅いで決めるのがいい。ネットで買うなら定番のブランドのもののほうが失敗は少ない

 

ほのかに香る「オーデコロン」「ボディミスト」「練り香水」のおすすめ

上で紹介してきた「香水」は、「積極的に匂いを届けようとする」ための香料濃度になっている。そのため、牛丼チェーン店で隣に座った人が匂いに気づく。

一方で、「オーデコロン」や「練り香水」は、恋人同士の密着した距離感のときや、相手の風上に立ったときに、さり気なく香る程度の香料濃度が想定されている(あくまで適量つけた場合)。

「いい匂いをつける」上で、万人におすすめできるのは、「ほのかに香る」タイプのものだ。

狭い飲食店に入ってもマナー違反にならないし、誰かと会っているときも、「え?もしかしてこの人いい匂い?」というくらいの香り方のほうがセクシーだ。

「ほのかに香る」タイプの「弱い香水」

  • オーデコロン
  • ボディミスト
  • 練り香水(匂い付きボディクリーム)

がある。

「オーデコロン」「ボディミスト」は、肌に付けたり吹き掛けて使う「薄い香水」で、匂いが薄く、かつ持続力も低い。ただ、香水と比べて自然な香りのものが多く、価格も安い傾向にある。

「練り香水」は、肌に塗りつけて使う「塗るタイプの香水」で、ボディクリームとして保湿効果を持つものも多い。通常の香水は、匂いの強さと持続力が比例するのだが、「練り香水」の特徴は、「匂いが弱いのに持続力が高い」ことだ。

「ほのかに香る」ことが目的なら、持続力が高く、つけなおす必要のない「練り香水」がおすすめ。ただ、「塗る」がゆえに、減ってしまう速度が香水よりも早く、量あたりの価格だと、実は値段が高い点には注意が必要。

以下では、「オーデコロン」「ボディミスト」「練り香水」のおすすめを紹介していく。

4711 オーデコロン

created by Rinker
4711
¥1,482 (2021/06/21 16:11:35時点 Amazon調べ-詳細)

ドイツブランドのオーデコロン。

天然の植物素材だけで作られた、自然な良い香り。

男性が使ってもカッコいい上質感のある匂いなので、メンズ用オーデコロンとしておすすめできる。

 

京コスメ 舞妓夢コロン 金木犀

愛用者の多い、京都発のオーデコロン。

柑橘系の爽やかな良い香りがして、香水だと思われないような自然な匂い。

爽やかなイメージや、清潔感を意識する男性ならアリ。

 

ジョンズブランド ヘア&ボディミスト ホワイトムスク

created by Rinker
John's Blend(ジョンズブレンド)
¥1,820 (2021/06/21 16:11:36時点 Amazon調べ-詳細)

髪の毛にも使えるボディミスト。

匂いの持続力は低めだが、シャワー後のようなほんのりと良い匂いが香る。

美容室のようなリラックスできるタイプの匂い。

自然系とは違った石鹸系の匂いだが、万人受けするマイナスになりにくい香料。

 

練り香水 メンズ NULL シトラス ムスク

メンズコスメメーカーが出している、男性用の練り香水。

爽やかな石鹸のような、清潔感のある匂いで、男性に向いている。

「香りすぎないほのかな匂いを、長時間キープする」という「練り香水」の目的を満たしたもので、手首やボディに塗って、さり気なく香り付けをすることができる。

保湿効果も兼ねているので、「香水つけてるの?」と聞かれても「ボディクリームの匂いかな?」と言ってごまかせる。

 

プラウドメン グルーミングバーム

ビジネスマン用のブランド「プラウドメン」の、人気の「練り香水」。

比較的安価で、シトラス系の爽やかな匂い。

体臭を消しやすく、ビジネスシーンにも馴染む。

雑に使ってもいい感じになるので、忙しい社会人の男性におすすめ。

「練り香水」は、一回の消費量が多めなので、がっつり使うと高級ブランドの香水に近いくらいの価格になると思う。ただ、価格が大丈夫なのであれば、メンズの匂いつけには「練り香水」はおすすめできる

 

もっとも無難な選択肢は「柔軟剤」

なんだかんだで、「男性の匂いつけ」は、「柔軟剤」が最もおすすめの方法だ。

「香水」は嫌われたりマナー違反と思われるリスクがあるし、「練り香水」は価格が高いが、「柔軟剤」は「安くて、失敗が少ない」のが特徴。

まず柔軟剤は、基本的に価格が安い。毎日たっぷり使っても、「香水」や「練り香水」よりはずっと安くすむだろう。

また、「皮膚につける香水は体臭と混ざりやすい」のに対して、服につける柔軟剤は、生乾きの匂いを防ぎ、体臭をカバーすることを目的に匂いを作っているので、不快に思われるリスクが少ない。

「完璧な体臭対策をやる!」の記事でも書いたが、香水で体臭をカバーしようとするのはやめたほうが良い。体臭対策なら「デオドラント用品」と「柔軟剤」の組み合わせがベストだ。

完璧な体臭対策をやる!ニオイの原因、体質改善、体臭サプリの仕組みまで詳しく解説

また、「柔軟剤」には、「柔軟剤の匂いは清潔感があるからいいよね!」という社会的な合意があるので、「香水を使うなんて気持ち悪いヤツだな!」と思われるリスクがない。

「理想の匂い」を女性に聞くと、「清潔感のある柔軟剤の匂い」という回答が返ってくることが多いだろう。柔軟剤は、楽で、安価で、無難なので、「メンズの匂いつけ」において、最もおすすめできる手段なのだ!

おすすめの柔軟剤を紹介していく。

レノア 本格消臭 フレッシュグリーン

created by Rinker
レノア
¥670 (2021/06/22 01:21:37時点 Amazon調べ-詳細)

個人的に一番おすすめなのが「レノアの本格消臭シリーズ」。

「男性の匂い」においては、「積極的に良い匂いだと思われるようにする」よりも、「臭くて不潔な男だと思われないようにする」ほうがずっと大事で、消臭タイプのものを使えば間違いない!

体臭や生乾きをカバーしやすい、自然な清潔感のある匂いで、ベストな選択肢だと思う。

 

ランドリン クラシックフローラル

created by Rinker
ランドリン
¥731 (2021/06/21 16:11:38時点 Amazon調べ-詳細)

柔軟剤の定番と言えば、ランドリンのクラシックフローラル。

「柔軟剤の香り!」という感じの香り。

柔軟剤の中ではやや価格が高めだが、それでも香水などに比べるとずっと安い。

 

ラボン ラグジュアリーリラックス

created by Rinker
ラボン(Lavons)
¥730 (2021/06/22 01:23:43時点 Amazon調べ-詳細)

清潔感だけでなく、「匂いの質」にもこだわりたいなら、ラボンシリーズがおすすめ。

柔軟剤なのに、比較的深みのある匂いで、ずっと服に顔を埋めていたくなる。

ややしつこい匂いでもあるので、推奨された使用量はちゃんと守ろう。

柔軟剤も、間違った使い方をすると、香害レベルに強いニオイが出るものもある。ちゃんとパッケージに書かれた適量を使うようにしよう

 

 

以上、「男性がいい匂いをつけるおすすめの方法」について解説してきた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です