「オールインワン」の化粧品・美容品って何?男性向けに解説

化粧品やスキンケア用品で、「オールインワン」というものが、最近は流行っている。

男性用の化粧品は特に、オールインワンの製品が多い傾向がある。

今回は、男性に向けて、「オールインワン」の意味と理由について解説していく。また、「オールインワンの化粧品・美容品って実際にどうなの?」についても書きたい。

「オールインワン」とは何か?

「オールインワン」は、「これ一本に全部入ってる」という意味。

メイクにしても、スキンケアにしても、今までは、複数の用品を順番に使っていた。その面倒臭さを省いて、「これ一本でOK」にするのが、オールインワンの製品だ。

オールインワンは、必ずしも面倒臭がりの男性用というわけではなく、もともと女性の化粧品・美容品として発明され、もちろん女性にも大人気だ。

時短・コスト減をしたい女性の心をがっちり掴んだワードが「オールインワン」なのだ

 

「BBクリーム」、「CCクリーム」とは何か?

化粧品業界では、「BBクリーム」「CCクリーム」という言葉もよく聞く。男性用も売られている。

「BBクリーム」「CCクリーム」は、「オールインワン化粧品」の種類の名前だ。

どちらも「オールインワンの化粧品」だが、

  • 「BB(blemish balm)クリーム」……シミやシワなどのカバーを重視
  • 「CC(Color Control)クリーム」……肌色補正を重視

というニュアンスの違いがある。

まあ、化粧品の種類やジャンルは、メーカーによって違ったりするし、定義とかは適当なので、あんまり深く考えても仕方ないところはある。

女性の場合は、「美容品」としての化粧水や乳液をメイク前に使う人が多く、「美容品」か「化粧品」かの境目が、けっこう複雑で曖昧だったりする。

男性の場合は、分類が女性用よりはシンプルで、「化粧品」か「美容品」の2つにキッパリ分けて考えていいだろう。

男性用の「オールインワン」製品には

  • 「化粧品」としてのオールインワン
  • 「美容品」としてのオールインワン

のふたつがある。

ようするに、「メイクはこれだけでOK」の製品と、「スキンケアはこれだけでOK」の製品だ。

念のため言うけど、「化粧品」は見た目を良くするためのもので、肌にはむしろ悪い。「美容品」はケアをするためのものなので肌に良い

 

「オールインワン化粧品」のメリット

男性は詳しくないかもしれないが、女性のメイクはけっこう行程が多い。

  • 洗顔
  • 化粧水
  • 乳液
  • 化粧下地
  • コンシーラー
  • ファンデーション
  • チーク、パウダーなど
  • ハイライト、シェーディングなど
  • アイブロウ、アイシャドウ、マスカラなど
  • リップなど

(人によっては行程を省いたり、順番が前後したりする。)

女性からしても、「こんなにたくさんの手順を毎日やってられるかよ!」という話になる。だからこそ「オールインワン」の化粧品がヒットした。

  • 化粧水
  • 乳液
  • 化粧下地
  • コンシーラー
  • ファンデーション

赤字で示した部分は、「ベースメイク」と言われる過程だが、それを「一本にまとめてしまう」のが「オールインワンの化粧品」だ。

もっとも人によって、基本的には「オールインワン」に任せながらも、乳液はしっかり使うとか、ファンデーションはちゃんとやるとか、それぞれのこだわりがある。

また、ベースメイクは「オールインワン」でも、それ以降のチークやハイライトは、それぞれ手間をかけて行う場合が多い。

こうやって書いてみると、女性のメイクはかなりやることが多い。もちろんどれだけ丁寧にやるのかは人によるけれど

 

男性の場合は、「ベースメイク」の部分だけで基本的に完結する。そのため、「オールインワン」が本当に「これ一本でOK」になる。

メイクに対してハードルの高さを感じる男性は多いようだが、実は、思っている以上に男性のメイクのハードルは低い。

「オールインワン」の化粧品を、「とりあえず塗ってみるだけ」でも、メンズメイクは完成する。

 

男性用の「BBクリーム」を、「全体に薄く塗って、青ひげや皺など、気になるところには気持ち厚めに塗る」だけでいい。

たったそれだけでも、一応はメイクが完成する。

ベースメイクの基本は、肌荒れを隠し、肌の明るさを均質にすること。ニキビや濃い青髭などを隠す場合、コンシーラーなどを使ったほうがいい場合もあるが、とりあえずは「BBクリーム」だけでも、普通にメンズメイクは成立する。

なお、メイクをしたあとは、クレンジング用のオイルやメイク落とし用の洗顔料で、「ちゃんと落とす」ことが必須になるので注意しよう。

created by Rinker
メンズビオレ
¥780 (2021/06/22 01:45:16時点 Amazon調べ-詳細)

もっと丁寧にやろうと思えばいろいろあるけど、基本的に男性のメイクは「オールインワンの化粧品」を一本使えばいい。気軽に試してみるといいよ!

 

「オールインワンの美容品」のメリット

美容品(スキンケア用品)は、「化粧品」と違い、見た目を良くするためではなく、肌をケアするために使う。

スキンケアは主に、

  • 洗顔
  • 化粧水(美容液)
  • 乳液
  • 保湿クリーム(保湿ジェル)

の順番で行う。これは男女共通だ。

この「化粧水→乳液→保湿クリーム」の順場を、一本だけでできるようにしたのが、「オールインワンの美容品」だ。

たった一本使うだけで、スキンケアが完結するという製品。

これも、なかなか魅力的なコンセプトではあるだろう。

化粧品、美容品のいずれにしても、「手間とコストを短縮」できるのが「オールインワン」の魅力

 

「男性用オールインワン」に対する個人的な見解

ここからは、客観的な解説ではなく、「男性用オールインワン」についての個人的な見解を述べる。

自分の意見としては、「オールインワンの化粧品」は普通に良いと思うけど、「オールインワンの美容品」は割高なのであまりおすすめしない。

あくまで個人の意見です

 

メンズメイクに関して、メイク初心者の男性が、いきなり丁寧なメイクをするのはハードルが高い。

メンズ用BBクリームなど、「とりあえず塗る」だけで効果のある「オールインワンの化粧品」は、多くの男性にとって使いやすく、良い製品だと思う。

一方で、「オールインワンの美容品」に関しては、「それってニベアクリームとかでよくない?」と思ってしまうのが正直なところだ。

スキンケアについては、「男の美容で最低限やるべきことは「肌の保湿」である」「男性向けスキンケアの、より美を追求するやり方を解説」といった別の記事で、詳しく解説してきた。

男の美容で最低限やるべきことは「肌の保湿」である【超簡単スキンケア】 男性向けスキンケアの、さらに美を追求する方法を解説

 

化粧水や乳液など、スキンケア用品がやっていることは、基本的には「保湿のみ」。

いろんなスキンケア製品があるけど、結局やっていることは「保湿」だけ。

スキンケア用品は、「使ったあと人前に出るかどうか?」の2パターンで使い分けるのがいいと思う。

  • 使用後に人前に出る(化粧下地として使う)→ベタつかないものを使う
  • 使用後しばらく人前に出ない→保湿力の高いものを使う

そのため、

  • 出勤前は、保湿力が低いけどベタつかない「化粧水」や「乳液」を使う
  • 寝る前は、保湿力が高いけどベタつく「保湿クリーム」を使う

という使い分けをする。

「美容液、乳液、保湿クリーム」を一本にまとめた(という体の)男性用オールインワン製品は、出勤前にも使えるタイプの「ベタつかない」調整になっている。

ただ、「保湿力」に関して言えば、バランスを考慮した「オールインワンの美容品」よりも、保湿に特化した「ニベアなどの保湿クリーム」のほうが高い。

寝る前に使うなら、保湿力特化の「保湿クリーム」のほうが、保湿力、価格の安さともに優れている。

男性用のオールインワンの美容品は、ちょっと使い所が微妙で、なおかつ割高な印象があるので、個人的にはあまりおすすめしない。

「オールインワンの美容品」にも優れたものはあるし、実際に愛用している人は多い。ただ、効果に対して価格が高い傾向にあるように思う。

「オールインワンの美容品」を否定したいわけではないのだが、「保湿力」と「価格(コスパ)」を考えたときに、「ニベアクリーム」などのほうがずっと性能が良い。

created by Rinker
ニベア
¥1,443 (2021/06/21 16:11:32時点 Amazon調べ-詳細)

美容品は、「オールインワン」だからといって、「保湿クリーム」よりも保湿力が高いわけではない。結局のところ、「化粧品」や「乳液」と同じ用途で使うことになるが、だとしたら割高だと思う。

 

以上、男性向けの「オールインワン」について解説してきた。

男性のスキンケア、保湿については、別記事で詳しく解説しているので、よければ参考にしてほしい。

男の美容で最低限やるべきことは「肌の保湿」である【超簡単スキンケア】 男性向けスキンケアの、さらに美を追求する方法を解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です