口内ケアの完璧なやり方を解説!これだけは絶対にやろう【歯磨き・舌磨き】

清潔感はめちゃくちゃ大事!

モテたい男性はもちろん、仕事や人間関係においても、「相手に不快感を与えない程度には清潔であること」はマストになる。

口内(口の中)のケアは、清潔感を最も左右すると言っても過言ではない!

今回は、「口内ケア」の完璧なやり方を解説する。自分はちゃんと全部できているか、確認していってほしい。

「美しいかどうか?」は相対的なものだけど、「清潔かどうか?」は絶対的なもの。最低限の清潔感は絶対にクリアしておきたい

なぜ口内ケアが大事なのか?

なぜ口中ケアが大事なのかというと、それは単純に、口中は人体のなかでも特に汚い部分だからだ。外気に常に触れるわけではなく、湿度があり、雑菌が繁殖しやすい。

同時に、口内はとても重要な場所でもある。恋人同士はキスをするが、それは口内の粘膜の接触だ。

「自分のパートナーの口内が不潔だったら、すごく嫌だ」と考える人が大半だろう

口内の重要性は恋愛に限らない。仕事などのコミュニケーションにおいても、喋っていて、口内の匂いが相手に伝わることがある。

人は匂いというものには慣れてしまうので、自分の口臭は自分では気づけない。

また「健康」に関しても、歯というのは高齢になってからの健康を左右するファクターであり、口内を清潔にしておくことは、歯や歯茎を長く保つために重要だ。

つまり、人間の「口の中」は、手間をかけてでもケアをする意味のある場所なのだ。

こんなことは常識なので、あらためて言う必要はないかもしれないですが

 

正しいやり方で「歯磨き」をできているか?

口内ケアの基本は「日々の歯磨き」であり、少なくとも朝と夜、毎日歯を磨くようにしたい。

「正しい歯磨きの仕方」は、意外とできていない人もいるようだ。

かく言う自分も昔は、「イー」の口の状態で歯ブラシを左右に大きく動かして、並んだ歯を一気に磨く、というやり方をしていた。

これは間違った磨き方で、正しくは、歯の面に対してブラシを水平に当てて、ひとつひとつの歯を順番に磨く。

一気に磨いたほうが効率的な気がするじゃん。でも歯は一本ずつ磨く必要があるのよ

 

「正しい歯磨きの仕方」について、文字で説明するよりも、YouTubeなどの動画を参考にするほうが早い。

歯磨きのやり方に不安がある人は見てほしい。

 

デンタルフロス(糸ようじ)を使う

実は、「デンタルフロス(糸ようじ)」も、歯磨きと並んで必須とされている。

歯間(歯と歯の間)は、「歯ブラシ」だけでは構造上、綺麗にすることができない。

そのため、デンタルフロス(糸ようじ)を、できれば3日に1回、少なくとも1週間に1回は使いたい。

デンタルフロスは、歯間(歯と歯)の間を掃除する道具。歯ブラシのように何度も洗って使うものではなく、使い捨て用のものが大半。

created by Rinker
オーラルケア
¥2,810 (2021/06/22 00:36:22時点 Amazon調べ-詳細)

デンタルフロスは、本当なら糸タイプのほうがより綺麗に磨きやすい。ただ取っ手のあるタイプのほうが手軽。どちらを使ってもいいだろう

 

舌を磨く

歯磨きやフロスをきちんとしている人でも、「舌を綺麗にする」が盲点になっている人はたまにいる。

舌に付着している汚れは「舌苔(ぜったい)」と言って、白色だったり、黄色だったり、茶色だったりする。人間の舌というのはそもそも綺麗なものでもないのだが、「舌苔」は口臭の原因にもなるし、清潔感という点では、「舌苔」の付着していない舌のほうが望ましい。

「舌磨き」について、特別な道具を使う必要はない。普通に「歯ブラシ」と「歯磨き粉」で、舌を擦ればいい

「歯磨きのついでに舌も磨く」だけでいいので、何も難しくはないだろう。

舌磨きで大事なのは、強く磨きすぎないこと。歯ブラシを歯を磨くためのものなので、強く擦りすぎてしまうと、「味蕾(みらい)」という味を感じる機関を傷つける原因になりうる。

自分の舌を鏡で見てみて、「やばい、汚い」となっても、一気に汚れを落とそうとせずに、優しく、少しずつ磨こう。

「歯磨きのついで」でいいので、毎日少しずつ優しく「舌磨き」をすれば、舌はだんだん綺麗になっていく。

舌の根本を磨こうとすると「オエッ!」となってしまうが、こればっかりは仕方がない。気合いで磨くしかない

 

舌磨きは、「優しく」を心がければ、普通の歯ブラシと歯磨き粉でも可能だ。

安心して磨きたい人、より効率的に舌を綺麗にしたい人は、舌磨き用の「舌ブラシ」と「ジェル」がおすすめ。

まず大事なのは、「舌が綺麗か」という発想があるかないかなので、まずは自分の舌を鏡で見てみよう。

コーヒーを飲む人や煙草を吸う人は舌が汚れやすいが、丁寧にケアしていけば、問題なく舌は綺麗になっていくので、焦らずに「舌磨き」を習慣にしていこう。

舌苔がほとんど見えない綺麗な舌の状態であれば、毎日は舌磨きをする必要がない。

舌を綺麗に保つためには、口内環境が清潔かどうかも重要で、「歯磨き」や「フロス」をちゃんとやるのが前提。また、口内の雑菌を減らす上では、あとで紹介する「マウスウォッシュ」が便利。

セクシー女優などの職業の人にも、舌に対する意識が低い人がたまにいる。自分は、そういうビデオを見ているとき、女優の舌の汚さが気になるようになってしまった。美容意識が高まることには、そういうデメリットもある

 

ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシは、ピンポイントで磨ける先の尖ったタイプの歯ブラシ。

通常の歯ブラシでは磨きにくい「歯と歯茎の溝(歯周ポケット)」を、効率的に磨くことができる。

狙った場所だけをピンポイントで磨きやすいので、審美的な目的で歯の表面を綺麗にするホワイトニング用の歯ブラシとしてもよく使われる。

ワンタフトブラシだけで歯を全部磨くのはけっこうな手間なので、通常の歯ブラシと併用することになる。

鏡を目の前に置かないと使いにくいのが難点だが、普段から歯周ポケットに磨き残しがある人は、定期的にでもいいから使ったほうがいいかも。

歯周ポケットは、普通の歯ブラシだと意外と磨けてなかったりする

 

仕上げ用マウスウォッシュ

歯磨きをしても、口内の雑菌がすべて消えるわけではなく、時間が経つほど雑菌が繁殖していく。(だからマメに歯磨きをする)

「リステリン」などのマウスウォッシュは、基本的には、歯磨き後の「仕上げ」として使う。

マウスウォッシュは、歯磨きの代用品ではないので、これを使うからといって歯磨きをしなくてよくなるわけではない。

ただ、歯磨きのあとで繁殖していく雑菌を抑えるため、「仕上げとしてマウスウォッシュを使う」のは有用。

あくまで補助的に使うものだが、使ってみればすぐにそれを実感できるくらい、ちゃんと効果がある。

歯磨きをちゃんとしても口臭が気になってしまう人には、口臭ケアとして「マウスウォッシュ」がけっこうおすすめ。

リステリンの紫はかなり刺激が強く万人には勧められないが、効果もなかなかスゴい。夜の歯磨きのあとに使うと、おっさんなのに、朝起きたときの口臭がまったくなくなる!

 

携帯用マウスウォッシュ

人と会う予定の多い社会人や、会社後にデートの予定がある人には、携帯用のマウスウォッシュがけっこう便利。自分も一時期、小分けタイプのものを携帯していた。(かさばるのが許容できるならボトルタイプの携帯もありだが)

created by Rinker
マウスウォッシュオキナ
¥2,459 (2021/06/22 00:36:23時点 Amazon調べ-詳細)

ペットボトルに水を入れて、一緒に持っておくと、会社のトイレや野外でも使うことができる。

ミンティアなどと違って、口全体をゆすぐことができるので、口臭予防の効果はこちらのほうが断然高い。

ただ、歯磨きできる余裕があるのなら、普通に歯磨きをしたほうがいい。

マウスウォッシュは便利だけど、あくまで一時しのぎ。口臭ケアは、毎日の継続的な歯ブラシやフロスや舌磨きのほうが大事

 

定期的に歯医者に行く

虫歯や歯周病などの問題がなくとも、歯医者は「定期的に通うもの」だ!

少なくとも半年に1回、多い人は2ヶ月に1回は行くだろう。

「日々のケアをしていれば歯医者に行かなくても大丈夫」と考えている人は多いけど、歯についた「歯石の除去」は、歯医者でないとちゃんと行うことができない。

どれだけ丁寧に歯をケアしても、自力では限界があるので、「定期的な歯医者」は必須だ。

しばらく歯医者に行っていない人は、「定期検診をしたいです。歯石の掃除もお願いしたいです」と電話して予約すればOK。

面倒かもしれないが、歯石を掃除してもらうとめちゃくちゃスッキリするので、ポジティブな気持ちで予約してみよう。

まだ美容に興味がなかった頃、何年も歯医者に行っていなかったことがあって、久々に行って歯石を掃除してもらったことがあるんだけど、「世界が変わった!」というレベルで口内が綺麗になって感動した覚えがある

 

ジェットウォッシャー

歯をより綺麗にケアするための器具に、「ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)」がある。具体的な製品名で言うと「パナソニックのドルツ」だ。

歯医者に行くと、ジェット水流を使って歯石の除去を行うのだけど、その威力が弱い版がジェットウォッシャー。

口内ケアに関して言えば、「電動歯ブラシ」を使うよりも、「ジェットウォッシャー」のほうがおすすめできる。

デンタルフロスのように歯間を掃除でき、歯茎のマッサージ効果もあり、口内ケアのことを考えるならばとても良い製品。

欠点を言うならば、そこそこのお値段がすることと、使うのが面倒なこと。注意せずに使うと、周囲がべちゃべちゃになる。(このわずらわしさに関しては、お風呂で使えば解決できる)

もし買うつもりなら、コンセントタイプのものよりも、風呂場で使えるコードレスタイプのほうがおすすめ。

やや価格が高くなったとしても、風呂場で使えるという利点はめちゃくちゃ大きい。

なお、ちゃんとデンタルフロスで歯間を掃除して、頻繁に歯医者を通うのなら、ジェットウォッシャーは必須というわけではない。

デンタルフロスが面倒なら、風呂場でドルツを使ったほうが楽だし、より綺麗になるけど、それなりに価格のする電化製品なので、購入するかどうかはよく考えてほしい。

ドルツは素晴らしい製品だけど、あくまで家庭用の簡易版。優先順位で言えば「定期的な歯医者」のほうがずっと高いので、そこは間違えないようにしよう

 

口内のケアは「完璧」を目指そう

美容に関してはこだわるとキリがないし、おっさんは別に「美」を求められるわけではない。ただ、清潔さは「求められるもの」なので、「完璧を目指す」くらいの気持ちでやったほうがいい。

口内ケアについて解説してきたが、「必須」と言えるのは

  • 歯磨き
  • デンタルフロス
  • 舌磨き
  • 定期的な歯医者

の4つ。

これらを完璧にやって、少なくとも

  • 酷い口臭がしない
  • 歯に黄ばみや虫歯がない
  • 舌の汚れ(舌苔)が目立たない

に関しては、最低限クリアしよう。

おっさんになってくると、ただでさえ周囲の目が冷たくなるので、清潔感には気をつかう必要がある。

なお、口内環境を良くしておくことは、清潔感のみならず健康にとっても非常に重要。歯や歯茎は生涯大切にしたいパーツなので、口内ケアを頑張って損することはまずないだろう。

たとえ誰とも会う予定がなかったとしても、口の中は清潔にしておいたほうがいい)

 

 

以上、「口内ケアの完璧なやり方」を解説してきた。

口内に関しては、歯を白くする「ホワイトニング」も、関心の高いトピックだろう。ホワイトニングは、実は清潔さとはそこまで関係がないので、必須とは言えない。

ただ、歯が白いほうが審美的には良いことは間違いない。ホワイトニングに関して、以下の記事で詳しく解説しているので、歯を白くしたい人は参考にしてほしい。

歯を白くする方法!ホワイトニングの仕組みを解説【自宅でも可能?】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です