社会人が彼女を作る方法!出会いのきっかけゼロから始める具体的なやり方

社会人男性が出会いゼロから彼女を作る方法

今回は、女友達もいなく、仕事でも出会いのきっかけがない社会人男性が、具体的に、どうやって彼女を作るのかを解説していく。

まず著者であるNC(エヌシー)のスペックから。

  • モテ始めたのは30代からで、後天的な努力で「モテ」を獲得
  • 美容とダイエットには気を使っているが、素体はブサイクで低身長なおじさん
  • 経験人数は200人以上を突破
  • マッチングアプリからの出会いで、
  • 現時点でキープしている20代の彼女が2人いる

自分は、学生時代などは、けっしてモテるタイプではなかったが、今は、同世代のおじさんと比べれば、相対的にはかなりモテるほうだと思う。

自分の場合は、もともとモテていたタイプではなく、「後天的な努力で得たモテ」なので、参考になる人は多いと思う。

今回は、「社会人男性が、出会いのきっかけゼロから彼女を作る具体的な方法」について解説していく。

社会人といっても、仕事や環境などの状況がそれぞれ違うと思うので、「職場での出会い」はあえて選択肢に入れないことにしている。

また、このご時世なので、「路上で女性に声をかける」という方法もナシにする。

つまり、「誰もが、ネットを使って可能な手段のみ」という縛りで、社会人が彼女を作る方法を解説するのだ!

彼女が欲しい男性であれば、誰もが参考になる内容だと思うので、見ていってほしい。

モテのためには「練習」が必要なことを認識すべし

まず言っておきたいのは、「いきなり理想の彼女」は諦めろ、ということ。

世の中には、怪しげな「モテる方法」が溢れているが、この記事では、現実的で具体的な方法を解説していくつもりだ。

あくまで、「容姿の優れた若い女性を彼女にするのは簡単ではなく、そのためには努力が必要である」という体で話を進める。

「モテるためには何が必要か?」だが、それは「練習」だ。

勉強やスポーツや楽器などと同じように、モテには「練習」が必要なのだ。

そして、「モテるための練習」は、「実際に女性を口説き、付き合い、女性経験を稼ぐこと」だ。

「いや、だから、その最初に付き合うまでの方法が知りたいんだよ!」と言うかもしれない。

違うのだ!

これに関しては、「やってみる」しかない。

例えば、サッカーの練習をするときは、サッカー動きについて口頭で教わったりするのではなく、「まずはボールを蹴ってみる」ことから始めるだろう。それと同じだ。

モテの練習のためには、実際に女性を口説いてみるしかないのだ。

だから、「モテの練習」をするためには、「とにかく女性にアプローチする」「自分が今すぐに可能な女性ととりあえず関係を持つ」ことが、王道の方法になる。

「そんなのやりたくない、俺は最初からもっと良い女を狙いたいんだ!」という気持ちはもちろんわかる。

たしかに、恋愛は「運」が絡むし、「理想の女性とのラッキーな出会い」みたいなものを期待する心理は当然だ。

だが、「ラッキーな出会い」があったときに、そのチャンスをものにするためにも、数を稼いで「モテの練習」をしておいたほうがいいのだ。

だから、まずは「練習」のために、年増でもブサイクでもいいので、許容できるギリギリの女性を、とにかく口説き落とし、経験人数を稼ぐことが、現実的に「モテ」に近づくための方法になる。

もともとモテる人はともかく、これからモテるようになりたい人は、「練習から逃げてはいけない」と考えたほうがいい。

 

「古い規範」から抜け出す

「練習のために、色んな女性と関係を持とう」と言うと、「いや、でも男には責任ってものが……」と考えてしまう男性もいると思う。

たしかに、昔は、以下のような規範があった

  • 男は責任を持つ
  • 女は貞淑でいる
  • 一定の年齢になれば結婚

かつては、このような規範が強く働いていたから、恋愛における自由競争が抑えられて、「みんなが結婚できる社会」だったわけだ。

「自由恋愛が続くと少子化で社会が崩壊する」という社会的な議論については、以下の記事で別に書いている。

自由恋愛が続くと少子化で社会が崩壊する件について自由恋愛が続くと少子化で社会が崩壊する件について

 

現在は、昔のような制限がなくなって、「恋愛自由市場」が解禁された状態だ。

そのため、「真面目に、普通にやっていればパートナーが見つかる」なんて甘い状況ではなくなってしまった。

今や男性は、過酷な競争に飛び込んで勝ち抜かなければ、彼女を作ることはできないのだ。

そんなハードモードの環境の中で、「男には責任があるから、むやみに女性と関係を持つわけには……」なんて言っていたら、勝ち目がなくなっていく。

現在も、「責任感」が重要な場面が、まったくなくなったわけではない。

例えば、「良い家のお嬢様との縁談」みたいな出会いの機会においては、「無責任」になるわけにはいかないだろう。

ただ、詳しくは後で説明するが、「マッチングアプリ」などの出会いの場は、「女性有利で、男性は競争が厳しい」のだが、それゆえに「責任」を意識しなくていいというメリットもあるのだ。

 

男性の恋愛競争は過酷だが、希望はある

現代における、男性の恋愛競争は、マジで過酷だ。

この話について詳しくは、「男性の恋愛競争があまりにも無理ゲーすぎる件について」で詳しく語っている。

男性の恋愛無理ゲーすぎ男性の恋愛競争があまりにも無理ゲーすぎる件について

 

簡単にまとめると

POINT

  • 男性はストライクゾーンが広めなので、たくさんの女性と付き合いたがる
  • 古い規範がなくなった今、「練習」のために好みではない女性にもアタックする男性が増える
  • 上位男性と(短期的にでも)付き合った経験のある女性が増えるので、「基準」が厳しくなる
  • 「幅広い年代の男性」の狙いが「若い女性」に集中するので、競争が激化する
  • 少子化で「若い女性」が減っているので、さらに競争が加速している

以上のように、自由化が進み、男性側は、恋愛において、「無理ゲー」と愚痴りたくなるような、非常に厳しい立場に立たされている。

ただ、男性には、「キツいけど、良い思いをできる可能性は常に残されているし、実力を上げていくことができる」という良い面もある。

女性は、おばさんになったらノーチャンスだが、男性は、おじさんでも、ワンチャンがないこともないのだ。

男性という性を楽しく享受するためにも、男は、実力を身に着けていかなければならない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。