なぜ男性はつらいのか?男の生きにくさを解説する

なぜ男性はつらいのか?

今回は、現代社会を生きる男性が、なぜつらいのかを解説する。

「男性の生きづらさ問題」に関心を抱いている人は、参考にしていってほしい。

実際につらい目に遭っている人が多い

「男性の生きづらさ」について、客観的に言えることとして、「ホームレス」「自殺者」「長時間労働者」「低賃金肉体労働者」の男女比を見ると、男性のほうが比率が高い。

「賃金」や「管理職」などの指標を見て、「日本は男性が有利な社会だ!」と言われることが多いが、一方で、「過酷な待遇に追いやられている人」は、男性が多い。

にもかかわらず、社会的には男性が有利なことになっているので、「女性が被る不公平をなくそう」という話はよくされても、「苦しんでいる男性を救おう」という話にはなりにくい。

 

人間の本能的に、男性の優先度は低い

男性は、福祉や保護を与える優先度が高くならない。

これは、本能的なものが反映されていると考えられる。

例えば、共同体が危機に遭ったとき、「男性を重視する集団」と「女性を重視する集団」とでは、後者のほうが生き残りやすかったと考えられる。

「多数の男性と少数の女性」の組み合わせよりも、「少数の男性と多数の女性」の組み合わせのほうが、人口の再生産がしやすいからだ。

つまり、「女性を大事にする本能」を持っている人間のほうが生き残りやすかったので、今いる我々にもその本能が備わっている。

もちろん、そのような「本能」とは別に、「理性」によって社会を運営していこうというのが現代の価値観だ。

しかし現実的には、女性を重視する本能が強く反映され、「理屈」を超えて、女性が優遇されることが多い。

「男性が被害を受けたニュース」と「女性が被害を受けたニュース」では、圧倒的に後者のほうが注目され、問題視されやすい。

 

男性不利な法律(慣例)が改めようとされない

かつての日本は、実際に、家父長制が色濃い社会だった。

だが、すべてにおいて男が有利な社会ではなく、「男は仕事、女は家」という形で、パワーバランスが取られていた。

それは、例えば、裁判所の判例に見ることができる。

「家」の領域に関するものは、女性に有利な判決が出されることが多く、その最たるものは「親権」だ。

日本では、子供の意志や、女性側の扶養能力とは関係なく、「母親」に親権が行くことが多い。その場合、父親側は、子供に会えないのに、養育費だけを支払わなければならないことになる。

このような仕打ちは、共同親権が前提の日本以外の先進国からすると、「人権侵害」と言われても仕方のない事態だ。(参考:日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい対日決議はなぜ起きたか

「判例」を重視する裁判においては、それが何らかの法改正で改められない限り、日本の男性に不利な判決が出る状況は続く。

これは極端な例かもしれないが、妻が浮気をしていて、実の息子でなかったとしても、養育費を支払わなければならないというケースもあるようだ。(参考:他人の子を夫に育てさせる托卵女子が怖すぎ「1年バレなければ養育費GET」

「仕事」の領域における男性有利の多くが解消されているのに対して、「家」の領域における女性有利は解消されようとしない。

男女平等であれば、女性の特権も廃止されていくべきなのだが、そうはならず、相対的に男性が苦しくなっていく。

 

男女の性的魅力の格差が大きすぎる

「男女平等」の教育がいくらされようとも、自由市場によって「若い男性」と「若い女性」の価値が判定されれば、そこには大きな差が生じる。自由市場の評価では、女性のほうが、価値がずっと上なのだ。

「市場」は、「こう教育されたからこうなる」ではなく、「個人の欲望の集積」なので、どうしようもないのだ。

  • 男は責任
  • 女は貞淑
  • 結婚するべき

といった、「古い規範」は、女性の性的魅力を抑制することで、男女のマッチングを成立させる効果を持っていた。

実際に、「古い規範」があった時代は、「みんなが結婚する社会」が成り立っていた。

制限のない自由市場では、女性側があまりにも有利なので、「男は偉い」という風潮を社会が作ることによって、やっと1対1の「結婚」が成り立っていた、とも言える。

自由恋愛が結婚にもたらした影響については、「自由恋愛が続くと少子化で社会が崩壊する件について」の記事で詳しく解説している。

自由恋愛が続くと少子化で社会が崩壊する件について自由恋愛が続くと少子化で社会が崩壊する件について

 

恋愛における競争がヤバいほど厳しい

「古い規範」が解体されたあとにやってきた「自由恋愛市場」において、男性は非常に過酷な競争を強いられる。

「男は責任」という概念がなくなれば、男性は、とりあえずたくさんの女性にアプローチするようになる。

女性も奔放になるので、多くの男性と付き合うようになる。

全体として「恋愛」のレベルは上がっていく。

だが、アプローチに慣れた「モテる男性」と、短期的にでも付き合った経験のある女性が大半になるので、女性の「基準」が厳しくなる。

女性は、年齢を経ても、「若くてモテた頃の基準」を落とせず、恋愛が苦手な男性で妥協しようとは思わなくなる。「結婚するべき」という規範がなくなったので、なおさらである。

そのため、一部の男性の「勝者総取り」の傾向が強まり、その他大勢の、特に目を見張るようなものがない男性は、恋愛において非常に苦しくなる。

さらに、「幅広い年代の男性」の狙いが「若い女性」に集中する傾向があり、少子化によって「若い女性」の比率も減っているので、男性に課せられた競争は、輪をかけて過酷になっている。

これについて詳しくは、「男性の恋愛競争があまりにも無理ゲーすぎる件について」で書いている。

男性の恋愛無理ゲーすぎ男性の恋愛競争があまりにも無理ゲーすぎる件について

マッチングアプリなどのような自由な恋愛の場では、どんな女性でも、適当にプロフィールを登録すれば、たくさんの男性からアプローチが来る。

一方で、マッチングアプリを使う男性は、高ステータスのイケメンであっても、戦略的に行わないと、マッチできない。

それくらい、男性にとって自由恋愛は厳しいものなのだ。

 

男女平等なのに、女性は「上昇婚」志向

男女平等の社会になっても、女性には依然として「上昇婚」志向が残っている。

ひとりひとり考え方は違うだろうが、統計的に見ると、女性は、自分よりステータスが「上」か「同等」の男性を好みやすく、「下」の男性を選びにくい。

社会問題を論じる上で、このような女性の「上昇婚(ハイパーガミー)」を問題視する声もある。

なぜなら、「上昇婚」志向を持った女性が、社会で地位を得ていくと、男女がマッチングしなくなるからだ。

女性の「上昇婚」志向は、男性の競争を過酷なものにしていく。男性は、男女平等のもとに、女性と対等に競争しなければならなくなった。だが、女性は経済的に負けてもパートナーを問題なく得られるのに対して、男性の場合は、競争に負けてしまうとパートナーを得られない可能性が高く、「負ければより多くを失う戦い」になっているのだ。

 

重圧から降りることができない

よく、男性の生きづらさが語られるとき「男性も固定観念を捨てて、重圧から降りましょう」とか「男だって弱音を吐いていいんだよ」という結論になることが多い。

もちろん、競争から降りて弱音を吐く自由はある。

だが、男性が弱音を吐いても、異性からは存在しないものとして扱われ、同性からは軽蔑されて終わる。

女性側の感覚としては、「あなたも弱音を吐いてもいいんだよ」というのが救いの言葉のつもりなのかもしれないが、「弱音を吐いた人間を助ける役割を背負わされている」というのが男性側の感覚なのだ。

そのため、男性の場合、男女平等への不満の表明が、「責任を放棄する」という形で行われる。

アメリカで「MGTOW(ミグタウ)」と呼ばれる男性の運動があり、これは「Men Going Their Own Way(自分の道を行く男たち、という意味)」の略だ。

彼らは、「課せられた役割を放棄して、何もしない」ことが、社会に対する反抗になると考えている。「男性が感じている重圧」は、それくらい根強いものなのだ。

 

 

以上、「なぜ男性はつらいのか?」について解説してきた。

まとめると

POINT

  • 「ホームレス」「自殺者」「キツい労働」など、現実的につらい目に遭っている人間は、男性の比率が高い
  • 人間の本能的に、男性の被害性は低く見られる傾向があり、それがメディアでの扱いや実際の政策にも反映されている
  • 女性が不利なルールは改正が進んでいるが、男性が不利なルールはそのままにされがち
  • 「古い規範」がなくなったことで、男女の性的価値の格差が浮き彫りになり、恋愛において厳しい競争に勝たなければ、パートナーを得られなくなった
  • 恋愛自由市場が解禁されると、一部の強者男性が「総取り」していく傾向が強まり、他のモテない男性は何もできなくなる
  • 賃金などにおける男女平等が進んでいるが、女性は「上昇婚」志向を持ったままなので、男性にとっては、競争が過酷になったと同時に、ますます負けられなくなった
  • 「弱音を吐く自由がある」と言われても、弱音を吐いたところで救済される立場ではない

となる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。