男性の髪型(メンズカット)について解説【美容師の探し方、頼み方】

男性のルックスにおいて、「髪型」の影響力は大きい。

とはいえ、眉毛などと違い、髪型は、「自分で切ることができないので、プロに頼むしかない」という性質のものだ。

カッコいい髪型を維持する上では、

  • 髪型のために「一定の出費」を許容する
  • 適切な「美容室」を探す
  • 適切な「美容師への頼み方」を覚える

が重要だ。

「一定の出費」の具体的な目安は、「5000円程度の美容室に、1ヶ月半ごと」くらいのスパンが妥当だと思う。こればっかりは、お金を出すしかない。

今回は、「どうやって美容室を探せばいいか?」「どうやって美容師に髪型をオーダーすればいいか?」について解説していく。

どの美容室に行けばいいか?安い金額で済むのはどんな人?

髪型に関して、いろいろ悩むくらいなら、金を出してプロの美容師に任せたほうがいい。

世の中には、1000円カットやQBハウスで切っていても、ちゃんと髪型がキマっている人もいる。

これについてだが、「上級者だから、安い金額でもオシャレな髪型にできる」というのが答えだ。

「自分に似合う髪型がすでにわかっている」「どうやって切ってもらいたいか詳細に説明できる」「安くて腕の良い美容室を知っている」人であれば、安い金額で済ますことも可能だ。

そうでないのなら、一定の出費を覚悟して、それなりの価格帯(4,000〜7,000)の美容室に行ったほうがいい。

少なくとも、「初期投資として、それなりの価格帯の美容室に行く必要がある」のだ。

「どういう髪型にすればいいのかわからない」人ほど、最初は金に頼るしかない。

「具体的にどの美容室が良いのか?」は、紹介が難しい。そもそも住んでる場所が人それぞれだし、自分も今は決まったところしか通っていない。ただ、美容室の探し方については解説する

 

「メンズ 美容室 (地名)」などと検索すると、Google口コミホットペッパービューティーが表示される場合が多いだろう。

現状では「Googleのクチコミ」のほうが信頼度が高いと個人的には思うが、これもすでに対策が出回って信頼度が落ち始めている状況なので、全面的に信用するのは注意したい。

「ホットペッパービューティー」は、金を積むほど優先される仕組みなので、「ピックアップされている=そのお店が広告費を積んでいる」という状況。掲載順位やランキングが高ければ良いお店というわけではない。

とはいえ「ホットペッパービューティー」の場合、ユーザー投稿の口コミに対するお店側の返信の仕方などを見て、親切な美容室かどうかなどが推測できるので、有用なサイトであることは間違いない。

ホットペッパービューティーのページや、その美容室のウェブサイトなどを見て、自分の住んでいる場所から行きやすく、印象が良さそうと思ったところに行ってみるといいだろう。

ちなみに、ホットペッパービューティーは手数料がかなり高いらしい。お店の電話番号を検索して、直接電話して予約するほうが、お店側からするとありがたいだろう。クーポンなどが効かない場合はそうしたほうがいい

 

「どの美容室に行けばいいか?」の結論としては、「カットが4,000〜7,000円程度の価格帯で、ホームページなどを見て印象が良さそうと思ったところ」となる。

もちろんこの選び方でも、運が悪ければ、変な美容室を選んでしまったり、思ったような髪型にならなかったりすることもあるかもしれない。

ただ、どうせ髪は伸びてくるし、自分にとっての「当たり」を引くまで、色んなところに足を伸ばしてみるしかない。

 

「美容室に行くのがこわい」問題

「美容院に行くのがこわい」という男性は多い。これは、「当たり前」だ。

「上達しはじめ」というのは、楽しい時間であると同時に、ストレスが溜まる状況でもある。「オシャレじゃない状態から、オシャレな状態になる」ことを目的としているのだから、緊張するのは当たり前だし、ストレスもかかるだろう。

こういうときは、「こわい」とか「億劫」というネガティブ面を意識するよりも、「自分もカッコよくなれるかも!」というポジティブ面に意識を向けたほうがいい

 

そもそも、美容師も客商売なわけで、金を払ってくれた客に対してぞんざいな態度をとる人間はそう多くない。高価格帯であればなおさらだ。

それでもこわいのであれば、若者向けのきらびやかなところよりも、年配向けのテイストの美容室を選べばいいだろう。(ホットペッパービューティーなどで検索すればいくらでも見つかる)

それなりの価格帯で、ホームページや口コミを吟味して選べば、よっぽどのことがない限り、酷い美容師を引くことはないと思う。美容師だって競争が激しい世界だし

 

なお、もし美容師の態度などで不快な思いをすることがあっても、それはその美容師の人間性に問題があるだけ。オシャレになろうと努力したあなたは何も間違っていないし、何も恥ずかしがることはない。

「あ、この美容室はハズレだったわ」と思って、変に落ち込まずに、次の美容室を探せばいい。

 

美容師への頼み方!どうやって髪型をオーダーする?

髪型(ヘアスタイル)の頼み方は、

  • 「自分に似合う髪型ってどんな感じだと思いますか?」と相談する
  • 写真を見せて、「こんな感じでお願いしたいです」と言う

の2択だ。

美容師に相談して、おまかせする

何の知識を持たずとも、「自分に似合う髪型ってどんな感じだと思いますか?」と、美容師に相談してみる。これだけでいい!

「こんなことしていいの?」と思うかもしれないが、それなりの価格帯でプロとして活動している美容師からすれば、むしろこういう相談の仕方をしてくれたほうがありがたいだろう。

無口で意志をちゃんと伝えてくれないとか、オーダーがよくわからなかったりするよりも、「ヘアスタイルとか全然わかんなくて、なんかいい感じにオシャレになりたいと思ったんですけど、自分に似合いそうな髪型とかってありますかね?」みたいに素直に聞いてくれる客のほうが、美容師からしても断然やりやすいだろう。

なんなら、予約の電話をする時点で、「普段はもっと安いところで適当に切ってるんですけど、髪型の提案とかしてもらうことって可能ですか?」と聞いてみてもいいだろう。

どういう髪型に仕上がるかは、もちろんその美容師の腕やセンスに左右されるが、それなりの価格帯のプロにまかせれば、自分で考えるよりもちゃんとした髪型になる可能性が高い。

 

写真を見せる

「こういう髪型にしたい!」というイメージが明確にあるなら、写真をスマホに保存しておいて見せるといい。

正面だけでなく、側面や背面、頭上からのアングルも、できればあったほうがいい。

基本的には「美容師におまかせする」場合でも、「なんとなくこういう感じがいいと自分では思ってるんですが……」みたいな感じで写真を見せることもできるので、イメージに合う写真を持っておくことはけっこう重要。

「なりたい髪型のイメージ」と、その写真を持っているなら、恥ずかしがらずに美容師に見せよう。

 

用語には頼らないほうがいい!ヘアスタイルの名称を覚える必要は無し

男性がやってしまいそうなのが、ヘアカタログとかに乗っている「ヘアスタイルの名称」を勉強してきて、それを出して頼んでしまう場合。これはありがちな間違い。

そもそも、メンズのヘアスタイルに付けられている名称とか、かなり適当だ。

ベリーショート、ブロックスタイル、ニュアンスパーマ、大人パーマ、マッシュツイスト……などなど、ヘアスタイルの名称はあるけど、こういうワードから、具体的にそれぞれの人たちがイメージしている髪型がわかるわけではない。

寿司ネタを頼むみたいに「ニュアンスパーマで」と言われても、美容師からすると「?」って感じだろう

 

「ヘアスタイルの名称」でオーダーするというのは、基本的にやらないほうがいい。

用語を定義して、それを手法や形状と一致させようとする発想が、美容師たちの間にはあまりない。

そんな難しいことをやるよりも、「こんなイメージで」と言って、スマホに保存しておいた参考画像を見せたほうが確実。

「ツーブロックで、側面は○mmの刈り上げをここまでやって、トップは今の長さより○cm切って……」みたいに、厳密に言葉で支持することは可能だし、それができれば安い美容室でもよくなるのだが、すでに自分のヘアスタイルを確立した人がやることなので、初心者はまずはそこそこの価格帯に行こう。

 

安定の髪型はツーブロック

「最低限のヘアスタイリングを知らないとなんか不安」という人は、「ツーブロック」という言葉を覚えておこう。

「ツーブロック(2つの塊)」は、「髪型が繋がっていない」というニュアンスの意味らしい。

具体的には、サイドやアンダーを刈り上げて(かなり短めにして)、トップに毛を多めに残すヘアスタイル。

ツーブロックは、多くの男性にとって、安定して洗練された感じを出しやすい髪型だ。

男性の髪の特徴を大まかにふたつに分けると

  • 毛量が多いタイプ(モッサリ)
  • 毛量が少ないタイプ(ハゲ)

になるが、実はツーブロックというのは、どちらも対応しやすい髪型なのだ。

モッサリした髪でも洗練された印象になるし、ハゲをごまかしやすい。

ツーブロックにも、サイドとトップの長さの比率などによって、色んなバリエーションがあるのだが、メンズカットの基本となるスタイルと言っても過言でないくらい、安定の髪型。

美容師に相談すると、提案されるのは「ツーブロックのバリエーション」であることが多い。

「ソフトモヒカン」とか「ショートパーマ」みたいなのもツーブロックのバリエーション。先に述べたように、名称を覚える必要は特にないけど

 

スタイリング・ヘアセットのことも美容師に聞こう

メンズの髪型は、「スタイリング・ヘアセット」も込みで考えるものだ。

4,000円以上の美容室であれば、「カットのみ」であっても、そのあとのヘアスタイリングまで、確実にやってもらえる。

というか普通は、後にスタイリングをすることを計算に入れてカットしている。

美容師は、当然ながらスタイリングも上手なので、「自分でもなるべく再現したいんで、やり方を教えてもらっていいですか?」「それと同じワックスってどこで手に入りますか?」みたいに、ちゃんと聞いたほうがいい。

このサイトでは、男性のスタイリングについても初心者向けに丁寧に解説しているので、よければ参考にしていってほしい。

整髪料の仕組みと、メンズヘアスタイリングのやり方を解説【参考動画の紹介】

 

以上、「男性の髪型(メンズカット)」について解説してきた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です