「蒟蒻ゼリー」こそが情報強者の食べ物である理由

蒟蒻ゼリーは情強の食べ物

世の中は「情報」こそが重要だ。

では、「情報強者」は、普段からどんなものを食べているのだろうか?

その答えは、「蒟蒻ゼリー」だ。

蒟蒻ゼリーは

  • 値段が安い
  • 適切な糖分補給
  • パフォーマンスを発揮しやすい
  • ダイエット効果
  • 管理や食べた後の処理

など、あらゆる面において、とても優れた食品なのである。

なおここでは、蒟蒻ゼリーの中で最もメジャーな「マンナンライフの蒟蒻畑」のことを想定している。

蒟蒻畑画像1

蒟蒻畑2

今回は、「蒟蒻ゼリーがいかに優れた食品か?」を解説していく。

値段が安い!

蒟蒻ゼリー画像4

意外に思うかもしれないが、蒟蒻ゼリーは値段が安い。

特に「マンナンライフの蒟蒻ゼリー」は、コンビニとかに売ってるやたら高級な0kcalのゼリーと比べて、とても良心的な価格。

地域にもよるが、ドラッグストアやスーパーマーケットでは、138〜165円で売っていることが多い。

「マンナンライフの蒟蒻畑」なら、定番中の定番の商品なので、たいていのドラッグストアやスーパーの食料品コーナーで見つかるだろう。

1袋12個入りなので、1個あたり12〜15円程度の計算になる。

他のお菓子と比べても、値段が安いほうだ。

 

実際のフルーツに近い栄養成分を意識

蒟蒻ゼリー画像5

世の中のダイエット系ゼリーは、ダイエット用途に特化して、人工甘味料を使っていることが多い。

一方で、「マンナンライフの蒟蒻畑」は、人工甘味料不使用で、ブドウ糖と砂糖を使っている。

「栄養成分表示」と「原材料」は以下のようになる。

エネルギー 25 kcal
たんぱく質 0 g
脂質 0 g
炭水化物 6.6 g
糖質 6.2 g
食物繊維 0.4 g
食塩相当量 0.02 g
リン 25 mg
カリウム 51 mg

ぶどう糖果糖液糖(国内製造)、砂糖、果汁(ぶどう、りんご)、洋酒、難消化性デキストリン、こんにゃく粉 /酸味料、pH調整剤、ゲル化剤(増粘多糖類)、香料

(データは「ぶどう味」のもの。「マンナンライフ公式サイト」から引用)

蒟蒻畑は、「ぶどう糖果糖液糖(液状のブドウ糖)」と「砂糖」というふたつの甘みを組み合わせ、「難消化性デキストリン」と「こんにゃく粉」という食物繊維によって、糖質がゆっくり溶けるような構成になっている。

人工物ではあるのだが、「フルーツに近い」ことが意識されているのだ。

created by Rinker
マンナンライフ
¥2,880 (2021/12/03 04:02:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

糖質はゆっくり入れるべき

蒟蒻ゼリー画像6

「糖質」は、重要なエネルギー原だ。摂取することで、ストレスを解消してくれる効果もある。

特に、脳まですぐに届くブドウ糖は、集中力を引き上げてくれる。

パフォーマンスを発揮する上で、「間食」としての栄養補給が重要なことは確かだ。

そのため、「仕事中はブドウ糖を補給するためにラムネを食べると良い」と言われたりとか、「糖とカフェインが大量に入ったエナジードリンク」が売られていたりする。

しかし、糖はなるべくゆっくり溶けたほうがいい。

血糖値が急上昇するような食べ物は、摂取した瞬間は頭が冴える気がするが、血糖値が下がると眠気やだるさが来る。しかも血糖値が上下することで疲労や空腹を感じやすくなるので、トータルで見るとメリットよりデメリットのほうが上回る。

スポーツ中なら別だが、デスクワークで安定してパフォーマンスを発揮したいならば、糖は、ゆっくりじわじわと消化されたほうがいいのだ。

蒟蒻ゼリーは、食物繊維と組み合わさって、糖がゆっくり溶ける。

おすすめは本物の果物である「バナナ」や「りんご」なのだが、蒟蒻畑は、安価な人工物の中ではフルーツに近いので、会社とかに持っていくなら、蒟蒻ゼリーが良いかもしれない。

 

機能性に優れている

「マンナンライフの蒟蒻畑」は、ロングセラーなだけあって、とても合理的だ。

「1個あたり約25kcal」と管理しやすいカロリーで、ちょっと席を立ったときとか、お茶やコーヒーを入れるときに口に入れると、ちょうど良く糖分を補給できる。

スプーンなどが必要なく、すぐに開けてそのまま食べられるし、手がベタつくこともない構造になっている。

蒟蒻ゼリーの捨て殻

開けた蓋は容器にくっつくので、ゴミが出にくい。

常温で保存しておいてもおいしく食べられるし、冷蔵庫で冷やして食べるのも良い。

日常的に食べているほど、その優れた工夫に感心してしまうような製品なのだ。

 

味がおいしく満足感がある!

イメージ画像満足

もともとダイエット向きでもある食品なので、カロリーに対しての満足度が高い。

1個食べるだけでも、噛みごたえと満足感がある。

食後にちょっとした甘味がほしいときでも、その解決になる。人工甘味料不使用なので、嫌な後味も残らない。

フルーツ果汁の風味もしっかりあって、総合的に味のクオリティが高い。

個人的には、王道の「ぶどう」味と「みかん」味が好き。

 

「いちごミルク」味とか「コーヒー」味とか、変わり種もあるので、探してみると良い。

蒟蒻ゼリー新商品

 

「バナナ」や「りんご」との比較。

バナナ

りんご画像

蒟蒻ゼリー画像3

蒟蒻畑は、1個25kcalで12個入りなので、1袋300kcal。

1袋およそ150円で300kcalとすると、1本50円の「バナナ」と同程度のコスパになる。(バナナは1本あたり100kcal)。

「バナナと同じくらいで、りんごよりは安い」というのが蒟蒻畑のコスパになる。

「賞味期限の長さ、管理の簡単さ、小分けにされている手軽さ」などの利点では、フルーツを上回る。

ただ、人工物である以上、「食物繊維」や「フィトケミカル(ポリフェノール)」の質においては劣ってしまう。

基本的には「バナナ」や「りんご」がおすすめだが、次点で「蒟蒻畑」はかなり良い選択と言えるだろう。

1個25kcalの小分けになっていて、長期的に保存できることも考えれば、メリットにおいて上回っている部分もある。

 

なお、「バナナ」や「りんご」がいかにスゴいかは、別記事で解説しているので、よかったら見ていってほしい!

バナナは太るのか痩せるのかバナナはダイエットに向いているか?メリットとデメリットを解説 りんごは本当に健康的?りんごは健康に良いのか悪いのか?美容効果や整腸作用を検証する

 

ダイエットを意識するなら

蒟蒻畑は、低カロリーで満足感があるので、ダイエット用途にも使える。

ただ、仕事中の間食ではなく、食欲をごまかすためのダイエット目的に寄せるのであれば、同じ「マンナンライフ」が出している「ララクラッシュ」がおすすめ!

蒟蒻畑と比べて、人工甘味料を使っている代わりに、カロリーがおよそ3分の1に抑えられている。果肉ジュレが入っていて、満足感が増す仕組みになっている。値段はやや高め。

 

なお、美容やダイエットのためにそれなりの出費が可能な「情強セレブ」なら、「チアシード入りの蒟蒻ゼリー」もおすすめ!

「チアシード」は、シソ科の植物の種で、美容効果と健康効果が高いのけど、どう調理してもあんまり美味しくない食材。蒟蒻ゼリーに混ぜるとプチプチ食感になって、それなりに食べられる。

コスパはそこまで良くないが、美容面や、長期的なパフォーマンスを意識するなら「チアシード入りの蒟蒻ゼリー」はアリ。

 

なお、チアシードがいかにスゴいかは、別の記事で解説している。

チアシードの「効果」と「食べ方」画像チアシードの効果と食べ方!ダイエットにおすすめな理由を解説

 

 

以上、「情報強者が蒟蒻ゼリーを選ぶ理由」について解説してきた。

当サイト「メンズ美容チャンネル」では、「おすすめの間食」「スーパーやコンビニで買えるおすすめのダイエット食品」についても解説しているので、よければ以下のページも参考にしてほしい。

ダイエット中の「お菓子」のおすすめは?間食に良いおやつを紹介 スーパーやコンビニで買えるダイエット向け食品のおすすめを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。