痩せたいならお茶やお湯をたくさん飲むといい理由

痩せたいならお茶を飲め

これから寒くなる時期だけど、「冬は逆にダイエット向きの季節」であると主張したい。

なぜなら、暖かい「お茶」や「お湯」をたくさん飲んで、満足感を得ることができるからだ。

ダイエットに向いているお茶を紹介する……という話ではない。

パックで大量に安く買える普通の「お茶」や「お白湯」を、ただ飲むだけ!

お茶画像

お茶画像2

お茶画像3

今回は、「痩せたいならお茶やお湯をたくさん飲むといい理由」について話をしたい。

ダイエット向けの食品は「水分量」が多い

以前「スーパーやコンビニで買えるダイエット向け食品のおすすめを紹介」という記事を書いていて、そこで、「水分量が多い食品はダイエット向き」という話をしたことがある。

スーパーやコンビニで買えるダイエット向け食品のおすすめを紹介
  • スープ
  • スープ春雨
  • スープフォー
  • りんご

などの食品は、カロリーのわりには満足感があるが、それは、「水分量が多い」のが理由だ。

つまり「水分」は、実態以上の満腹感を与えてくれるのだ。

だったらこう思わないだろうか?

「水分を直接飲めばよくない?」と。

実際に、水分でお腹を満たすと、満腹感を得られる。

特に、暖かいものでお腹を満たすと、カロリーゼロにもかかわらず、空腹感をけっこう抑えられるのだ。

寒い季節は、ついカロリーの高いものを食べすぎたり、運動不足になってしまう。

だが、「暖かいお茶をたくさん飲んで食べすぎを防ぐ」ことをしやすい季節でもある。

食事中や口寂しいときに、積極的に「お茶」や「お湯」を飲むことで、カロリーの過剰摂取を抑えよう!

 

お茶は健康の宝庫

一般的に「お茶」は、「チャノキ」というツバキ科ツバキ属の葉っぱをお湯に煎じて飲む。

知っている人は多いと思うが、実は、紅茶、ウーロン茶、緑茶、ほうじ茶は、全部同じ「チャノキ」の葉っぱから作っている。

  • 紅茶   :発酵させる
  • ウーロン茶:半発酵させる
  • 緑茶   :発酵させない
  • ほうじ茶 :発酵させずに炒る

全部同じ葉っぱだけど、発酵させる度合いや、加熱するかどうかで、大きく味わいが変化するのだ。

「チャノキ」以外にも、「碾茶(テンチャ)」から作る「抹茶」や、「麦茶」「玄米茶」「そば茶」など、色んな種類のお茶がある。

主要な「お茶っ葉」である「チャノキ」は

  • 「ビタミンC」や「ビタミンE」といったビタミンを多く含む
  • 「テアニン」というリラックス効果のあるアミノ酸を含む
  • 「カテキン」という抗酸化作用のあるポリフェノールを含む

など、優れた健康効果がある。

また、「抹茶」や「そば茶」なども、それぞれ高い健康効果を認められた成分を含んでいる。

 

どのお茶を飲むべきか?

自分の好きな味のお茶を飲めばいいと思う。

ただ、「たくさん飲む」場合は、カフェインの摂り過ぎには注意したほうがいいかもしれない。

「チャノキ」のはカフェインが含まれているが、カフェインは高温で昇華する性質があるので、炒ることでつくる「ほうじ茶」は、緑茶、紅茶、ウーロン茶と比べてカフェイン量が少ない。

また、「玄米茶」や「黒豆茶」や「そば茶」など、穀物から作るお茶は、カフェインが少なめ。

ほうじ茶

ほうじ茶画像

なんだかんだで、自分が一番飲んでるのはこれだと思う。

カフェインが少ないし、たくさん飲んでも飽きない味。

「お湯だと味気ないから、とりあえず味をつけたい」という人にもおすすめ。

created by Rinker
プレミアムティーバッグ
¥800 (2021/12/03 01:01:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

玄米茶

玄米茶画像

玄米茶画像2

「玄米茶」も、カフェイン少なめで、飲みやすい。

実は「玄米茶」は、米オンリーで作られているわけではない。この伊藤園のメーカーのものの場合、「米、緑茶、抹茶」の3つを混ぜて炒ることで作られている。

香ばしく深みのある味で、なかなかおいしい。

created by Rinker
プレミアムティーバッグ
¥795 (2021/12/03 04:03:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

緑茶

緑茶画像

カフェイン注意と言っても、そこまで過剰に恐れることはない。あくまで、「1日に何杯も飲むのなら、緑茶ばっかり飲むのはやめよう」という話。

カテキンなどのポリフェノールが多く含まれ、高い抗酸化作用を持つのが「緑茶」なので、1日2、3杯くらいであれば、アンチエイジングのためにむしろ飲むことが推奨される。

created by Rinker
プレミアムティーバッグ
¥763 (2021/12/02 06:58:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

そば茶

そば茶画像

健康効果を重視するなら「そば茶」も良い。

「ルチン」というポリフェノールが多く含まれている。

クセはあるが、旨味のある味わい。

created by Rinker
伊藤園
¥1,755 (2021/12/02 06:58:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

タンブラー

タンブラー画像

「お茶」を買うお金が勿体ないのであれば、「お湯(白湯)」でいい。

暖かい水分がお腹に入るだけでも、満腹感がある。

使う容器は、通常の湯呑みでもいいが、機能性を重視するなら「サーモスのタンブラー」がおすすめ!

温度が変化しにくく、淹れたお茶やお湯がずっと温かい。

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥1,682 (2021/12/02 09:58:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

以上、「痩せたいならお茶やお湯をたくさん飲むといい理由」を解説してきた。

「水分量が多い」の他にも、ダイエット向けの食品としては、「タンパク質」や「食物繊維」が多く含まれるものがおすすめ。

寒い季節は、温かいお茶を飲みながら、ハイカカオのチョコレートをつまんだりすると、低糖質・低カロリーで高い満足感を得られるだろう。

当サイトでは、「おすすめの間食」についても解説しているので、気になる方は以下のページを参考。

ダイエット中の「お菓子」のおすすめは?間食に良いおやつを紹介

 

また、当サイトでは、「タンパク質」や「食物繊維」の多い食品の一覧表も書いているので、よければ以下も参考にしていってほしい。

タンパク質が豊富な食品食品の「タンパク質」含有量の一覧表!豊富に含まれるのはどの食材? 食物繊維豊富な食品一覧表食品の「食物繊維」含有量の一覧表!水溶性と不溶性の比率も載せる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。